台風による車の損害も車両保険で補償されるのか | 自動車保険

台風による損害でも車両保険で補償されるのか

台風による暴風で飛ばされてきた物が車に当たり、ボディーが凹んだり、ガラスが割れたりしても、車両保険で補償されますか。

台風

台風による損害でも補償されます。

 

例えば、
・暴風で飛ばされた物が車に当たった。
・台風による冠水で車が水没した。
・台風による高波で車が流された。

 

こういった台風の影響による損害も、車両保険の対象となるのです。

 

もちろん、自動車保険に付帯されているロードサービスも利用可能です。台風の被害により車が自走不能になってしまっても、修理工場まで無料<注1>で搬送してもらうことができます。

 

<注1>
無料で搬送してもらえる距離は保険会社によって異なります。

 

車両保険を使用した場合の等級

台風の被害により車両保険を使った場合、翌年度の等級は1つ下がります。
また、事故あり係数適用期間は1年プラスされます。

 

台風以外の天災による損害の場合は

台風の強風で揺れる木

ちなみに台風だけではなく、大雨落雷竜巻雹(ひょう)などの天災による損害でも補償されます。

 

ただ、例外なのが地震噴火津波によるもの。この3つの天災は補償対象外となります。<注2>

 

莫大な被害が発生する可能性があることから、保険会社としてはリスクが高すぎるので、補償対象から外してあるのです。

 

<注2>
アクサダイレクトやチューリッヒ保険など、一部の保険会社には、地震、噴火、津波により、車両が全損した場合に補償する特約があります。

 

自然災害別のカテゴリーへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

その他の災害による損害について

最終更新日:2018年4月11日