大雪・雪崩による車の損害でも車両保険を使えるか | 自動車保険

大雪・雪崩による車の損害にも車両保険を使えるか

大雪が降って、車が損害を被ってしまった場合でも、車両保険を使うことはできるのでしょうか。

車に積もる雪

降雪や雪崩などで落ちてきた雪、もしくは雪の重みで落下した物による車両損害は車両保険から補償されます。

 

ただし、雪道でのスリップ事故や、降り積もった雪の塊に衝突したようなケースは、単独事故になります。よって、付帯されている車両保険が、当て逃げと単独事故による損害を補償対象から除外した「エコノミー型」の場合は補償されません。

 

関連:車両保険の種類について

 

上記の説明では少し分かりにくいかもしれませんので、
状況別の補償可否を説明していくことにしましょう。

 

雪崩に車が巻き込まれ損傷

走行中でも駐停車中でも雪崩による車両損害は補償されます。
一般型、エコノミー型どちらでも補償対象です。

 

家の屋根から雪が車に落下。車体が凹んでしまった

これは落下物にあたりますので、車両保険で補償されます。
一般型でもエコノミー型でもOKです。

 

雪の重みで車庫が倒壊。車が下敷きになってしまった

屋根が落ちてくるわけですから、落下物による損害と解釈して、
一般型でもエコノミー型でも補償対象となります。

 

車に雪が大量に積もり、車の天井が凹んでしまった

約款上、「その他の偶然の事故」に当てはまり、
一般型でもエコノミー型でも補償対象となります。

 

雪の壁に突っ込んでしまい、車両損害を被った

雪の壁だからといって特別に何かルールがあるわけではなく、
単純に普通の壁にぶつかったのと同じ単独事故にあたります。
よって、エコノミー型は補償対象外。一般条件であれば補償されます。

 

雪道でスリップしてガードレールに激突してしまった

これも単独事故ということになります。エコノミー型からは補償されず。
一般条件の車両保険であれば補償されるものになります。

 

雹(ヒョウ)が降って、車体と窓ガラスが破損してしまった

雪とは違いますが、雹(ヒョウ)が降って、車両に損害を被った場合は、
エコノミー型でも一般条件でも車両保険で補償されます。

 

保険を使うと等級は?

大雪や雪崩などにより落ちてきた雪や物による損害で、車両保険を使った場合、翌年度の等級は1つ下がります。また、「事故あり係数適用期間」は1年加算されます。

 

雪道でのスリップ事故や、雪の塊に衝突した事故で車両保険を使った場合(エコノミー型は使えません)は、翌年度の等級は3つ下がります。また、「事故あり係数適用期間」は3年加算されます。

 

事故の状況や保険会社によって、
補償対象となるかどうかの判断が変わる場合もあります。
実際に車両損害を被った場合は、加入している保険会社に確認するようにしてください。

 

自然災害別のカテゴリーへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

その他の災害による損害について

最終更新日:2018年4月12日