大雨・ゲリラ豪雨による冠水で車が水没。車両保険は使えるか | 自動車保険

大雨・ゲリラ豪雨で車が水没した場合も車両保険は使えるのか

よく大雨で家屋が冠水してしまったというニュースを見ますが、もしその冠水で、車が水没してしまった場合も車両保険で補償されるのでしょうか。自宅の地下の部分が駐車場になっているので気になります。

冠水した道路を走る自動車

大雨で車が水没した場合も車両保険の補償対象になります。

 

ただし、一部の保険会社では「車対車の事故の時だけを補償」し、自然災害や盗難などの「走行外危険」を対象外としたり、自宅・車庫での水災だけを対象外にできる車両保険を販売しています。

 

もしそういった車両保険を付帯している場合は、当然ながら大雨による損害は補償されません。(これを付帯している方はほんの一部かと思いますが・・)

 

車が水没してしまうと、エンジンや電気系統が壊れてしまい、修理不能になることが多くなります。その場合は全損扱いになり、契約時に設定した保険金額全額が支払われます。(全損扱いの場合は、免責金額は考慮されません)

 

車両保険を使うと等級は?

大雨・ゲリラ豪雨による冠水被害で車両保険を使った場合、翌年度の等級は1つ下がります。また、「事故あり係数適用期間」は1年加算されます。

 

他の自然災害による損害の補償は

ちなみに今回の質問は大雨による冠水被害に関するものでしたが、
高潮台風落雷雹(ひょう)などの自然災害による車両損害も車両保険から補償されます。

 

ただし、自然災害であればすべてが対象になるというわけでなく、
地震噴火津波」による損害は、対象外となりますので覚えておきましょう。

 

※2004年の福井県福井市の豪雨による被害
2004年7月の豪雨被害写真
福井市HPから引用>

 

近年、集中豪雨により冠水の被害があちこちで発生しています。
長く強い雨が降る場合はもちろんのこと、短時間で集中的に降るゲリラ豪雨の場合でも、
一気に冠水被害が広がる場合も多くあるようです。

 

これを書いてる2日前も、ゲリラ豪雨で川崎駅(神奈川県)周辺がこんな感じでした。

川崎駅周辺の冠水

 

だいたい水深がマフラーの位置を超えているところで車を走らせていると、水がマフラーから入ってエンジンに到達し故障する恐れがあります。

 

上の写真のすぐ近くは大通りがあって、水深はちょうど普通の車のマフラーの位置くらいの高さにも関わらず、多くの車が構わず走行してました。もしかしたら、その後に故障してしまった車もあるかもしれません。

 

ということで、車両保険の付帯を検討する際は、こういった自然災害によるリスクも想定しましょう。車両損害は自動車事故だけで起こるものではないですからね。

 

自然災害別のカテゴリーへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

その他の災害による損害について

最終更新:2018年4月13日