竜巻・突風の被害による損害でも車両保険を使えるか | 自動車保険

竜巻や突風の被害でも車両保険を使えるか

最近は、日本でもたびたび竜巻が発生しており、家屋だけではなく、自動車もかなり損害を受けているようです。竜巻による損害も車両保険で補償されますか。また、突風により物が飛ばされてきて、車に当たって損傷を受けた場合も補償されますか。

竜巻や突風による車両損害も車両保険で補償されます

 

  • 竜巻で車が吹き飛ばされた。
  • 竜巻や突風で飛ばされた物が車にぶつかった。

こういった竜巻・突風(強風)の被害で、車が損害を被った場合にも、
その修理代等を車両保険から出してもらえるのです。<注>

 

何年か前までは、竜巻といえばアメリカでの大きな被害が印象的で、
個人的には、日本ではあまり発生しないというイメージがありました。

 

でも、それはあくまでも過去のこと。
ご存知のとおり、最近は日本での発生も増えています。

 

気象庁のHPによると、
2007〜2017年の1年たりの竜巻発生確認数は、
平均で23件(海上竜巻は覗く)。

 

各地で大きな被害を与えた竜巻も多くあります。
怖いですよね。もう他人事ではなくなってきました。

 

竜巻被害の一覧(Wikipedia)

 

<注>
一部保険会社で、車対車の事故による損害だけを
補償する車両保険を販売しているようなのですが、
それを付帯している場合は除きます。
(これを付帯している人はかなり少ないと思います)

 

※2012年5月の茨城県での竜巻被害
2012年5月の竜巻被害写真
陸上自衛隊HPより引用>

 

車両保険を使うと等級は?

竜巻による損害で車両保険を使った場合、翌年度の等級は1つ下がります。また、「事故あり係数適用期間」は1年加算されます。

 

竜巻以外の自然災害による損害も車両保険が使える

地震噴火津波」は除きますが、竜巻以外にも、雹(ヒョウ)洪水台風といった自然災害による車両損害にも車両保険は使えます。

 

車両保険の付帯を検討するときに、車をぶつけてしまったときのことを主に考える人が多いようですが、こういった天災のリスクも考慮したほうが良いでしょう。。

 

自然災害別のカテゴリーへ戻る

公開日:2018年9月4日

最終更新日:2021年3月25日

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積はこちらから

その他の災害による損害について