自動車保険で自己申告した走行距離をオーバーしてしまったら

自動車保険で申告した走行距離をオーバーしてしまったら

走行距離によって保険料が変わる自動車保険に加入しています。まだ保険期間は3ヶ月残っているのですが、すでに契約時に設定した走行距離区分をオーバーしそうなんですが大丈夫でしょうか。

走行距離によって保険料が変わる自動車保険は、
アクサダイレクトソニー損保チューリッヒ保険イーデザイン損保SBI損保セゾン自動車そんぽ24三井ダイレクトの通販型の8社です。(2018年5月4日調べ)

 

どの保険会社でも契約時に年間走行距離の区分を設定するのですが、
下記のとおり、会社によってその年間走行距離の意味が2通りに分かれます。

1.これから1年間の契約期間中の予想走行距離を申告

  • アクサダイレクト
  • ソニー損保
  • チューリッヒ

2.見積もりの際に過去1年間の走行距離を申告

  • イーデザイン損保
  • SBI損保
  • セゾン自動車
  • そんぽ24
  • 三井ダイレクト

 

(1)の保険会社に加入中であれば、
予想よりも多く走ってしまいそうな場合は、走行距離区分の変更手続きが必要になります。

 

(2)の保険会社に加入中の場合は、
走行距離区分は過去の走行距離に基いて、設定されていますので変更は不要。
次の更新時に実際に走った距離で契約すればいいのです。

 

 

(1)の保険会社はちょっと面倒ですよね。
普段、走行距離なんて気にして走ってる人って少ないでしょうから。
いちいち走行距離がオーバーしていないか気にしていないといけません。

 

で、気になるのは、もし走行距離区分をオーバーしているのを忘れていて、
事故をおこしてしまった場合に、補償されるのかという点です。

 

これに関しては、あくまでもケースバイケースではありますが、
特に悪意がなければ、補償されるはずです。

 

契約の際に、はっきり分かるはずもない未来の予想走行距離で契約させておいて、
オーバーしたことを申告するのを忘れたら、事故をしても補償しないなんてメチャクチャですからね。

 

ないとは思いますが、万が一そんなことがあったら黙って従ってはいけませんよ。
弁護士や金融庁あたりに相談して暴れましょう(笑)

 

ちなみにソニー損保では、事故のときに走行距離が超えているのが分かった場合、
1年間の差額保険料を支払うことで、問題なく補償はできるとのことでした。

 

関連記事:無駄なく格安な自動車保険に加入するための6つのポイント

 

手続きに関する質問一覧に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから
愛車の市場価値を調べてみませんか?

 

ズバット車買取比較であれば、あなたの愛車の価格を無料で査定してもらうことができます。

車種や走行距離、年式等を入力することで、全国214社の中古車買取業者の中から、最大10社に査定依頼を簡単に出すことが可能です。

入力はたった1分ほど。あなたもぜひ愛車の買取価格を査定してもらいませんか。

⇒ズバット車買取比較の公式サイトはこちら

最終更新日:2018年5月4日