雹(ひょう)による車の損害に車両保険を使えるか | 自動車保険

雹(ひょう)で車が傷ついたら車両保険使えるか

大粒の雹(ひょう)が降って、駐車場に停めていた車の窓やボディーが傷ついてしまった場合でも、車両保険でこれらの修理代って補償されるのでしょうか。

雹が降ってる

雹による損害にも車両保険は使えます。

 

大粒の雹が当たり、車の窓ガラスが割れてしまったり、ボディーがへこんでしまった、というようなケースでも、修理代金相当の金額を補償してもらうことができるのです。

 

ただし、一部の保険会社では車両保険の範囲を細かく設定できます。もし、自然災害の部分を対象外としていた場合、雹による損害は補償されません。

 

車両保険を使うと等級は?

雹の被害により車両保険を使った場合、翌年度の等級は1つ下がります。
また、事故あり係数適用期間は1年プラスされます。

 

雹以外の自然災害も補償

基本的に自然災害で車両保険の対象外となるのは、
地震」「噴火」「津波」の3つです。<注>

 

つまり、「台風」「大雪」「落雷」「竜巻」「高潮」など、上記3つ以外の自然災害による損害であれば、車両保険の種類が「一般型」でも、「エコノミー型」でも補償されますので覚えておきましょう。

 

<注>
地震・噴火・津波による車両損害を補償する特約が用意されている保険会社もあります。

 

保険金請求をしない人が多い雹による車両損害

雹による損害は自動車事故ではないから補償対象外と考えてしまい、保険会社に報告しない人が意外と多いようです。

 

でも、雹が降ったからといって、保険会社が雹が降った地域の車両保険を付帯している契約者に
わざわざ連絡して、損害がなかったかを確認してくれるということはほぼありません。

 

よって、この知識はしっかり覚えておき、
万が一の際は、必ず保険会社に報告するようにしましょう。

 

また、過去に雹により契約車両が損害を被ったのに、保険金請求をしていないものがあれば、
今からでも間に合う可能性がありますので、保険会社に連絡してみましょう。

 

保険の時効は3年ですが、それを超えていても補償対象となる可能性があります。

 

ただ、時間がたってしまうと、損害状況等を証明するのが難しくなるケースが多いので、その部分をクリアするのが大変な可能性もあります。そのあたりは最初から覚悟しておきましょう。

 

雹(ひょう)で車が壊れるなんてことはあるのか??

普通の小さい雹(ひょう)であれば、人に当たってもケガすることはないでしょうし、車に当たってもほぼ損害は出ないかと思います。

 

でも、稀に降る大きな雹の場合は、当たれば人が死傷することも考えられますし、車が損傷することも十分あり得ます。

 

過去の記録を調べてみると、大正6年6月29日の埼玉に降った雹がすごかったようです、確認された中で一番大きなものが、かぼちゃ大で3kg以上あり、1kg前後のものも多く降って、かなり大きな損害が出たのだとか。

 

最近だと、2000年5月24日に北関東地方で大きな雹が降りました。大正6年の規模ほどではなかったようですが、梅の実ほどのものを中心に、大きなものはピンポン玉大やミカン大のものまで降ったとのこと。

 

さすがにこれだけ大きな雹が降った場合、人はもちろんのこと、車にも大きな損害が生じることも十分に考えられますね。

 

※2000年5月24日に千葉県に降ったピンポン玉大の雹(出典:熊谷地方気象台HP
2000年の千葉の雹

 

 

日本ではないのですがこんな動画もありました。こんな大きな雹が人の多い地域で降ったら、かなりの被害が出てしまいそうです。

 

 

オーストラリアで雹(ひょう)害による保険損失472億円

これは2014年に、保険毎日新聞に掲載されていたニュース。
2014年11月27日にオーストラリアのブリスベンで破壊的な雹(ひょう)が降って、
それによる保険損失は12月4日時点で472億円(1豪ドル98円換算)を超えているんだとか。

 

そんなことが起きていたなんて全然知らなかったのですが、
ネットで検索してみたら、いくつもその日の動画が見つかりました。

 

 

 

見てのとおり酷い状況でしたね。
車の窓は割れてるし、風もすごかったようで家の屋根が飛んでいたり、
小型飛行機やヘリコプターがひっくり返っていたりと凄まじい状態。

 

この雹(ひょう)により被害を受けた財物の所有者や車の所有者からは、保険金請求が殺到。

 

2014年12月4日午前9時の時点で68981件(うち自動車に関しては51472件)にもなり、
おそらく最終的には10億豪ドル(980億円)程度になるのではと予想されているとのこと。
(その後、最終的にいくらになったのかニュースを見つけれず不明・・・)

 

こういった大きな損害が出た際に、
保険会社が保険金を支払うことができなくなる恐れがあります。

 

そこで、各保険会社はそれに備えて、
自社だけで支払いきれない部分を他社に支払ってもらえるように、
保険の保険(再保険と言います)をかけているのですが、
どうやらその再保険の利用を必要とする会社が出てきそうな気配なんだそうです。

 

もし、人口が密集している東京で、こんなひょう害が起きたら大変でしょうね。
ブリスベンの人口は200万人くらい。東京は1300万人以上。
車も建物も段違いに多いわけですから、とてつもない被害になりそうです。

 

自然災害別のカテゴリーへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

その他の災害による損害について

最終更新日:2018年4月15日