高潮・高波による車の損害も車両保険で補償されるか | 自動車保険

高潮・高波による車の損害も車両保険で補償されるか

高潮による水位の上昇や、高波によって車が損害を被った場合でも、車両保険を使うことはできますか。

高波

高潮や高波での損害も車両保険で補償されます。

 

例えば、高潮による冠水で車が水没したり、高波に襲われた弾みでガードレールに接触して車が損傷した場合にも、車両保険は使えるのです。

 

さらに車両保険だけでなく、もし搭乗者がいて死傷してしまった場合は、搭乗者傷害保険人身傷害保険も使うことができます。

 

しかし、賠償保険に関しては使用できません。高潮や高波で自分の車が流されて、その車が人や物に当たって傷つけたとしても、基本的に賠償責任は発生しません。そのため、対人賠償保険対物賠償保険は補償対象外となっているのです。

 

保険を使うと等級は?

高潮や高波による事故で車両保険を使った場合、翌年度の等級は1つ下がります。また、事故あり係数適用期間は1年プラスされます。

 

もし、搭乗者傷害保険や人身傷害保険だけを使用した場合は、ノーカウント事故となりますので、等級に影響はありません。よって、他に保険使用しなければ、無事故の時と同様に翌年度の等級は1つ上がります。

 

他の自然災害でも車両保険は使える

ちなみに高潮・高波だけではなく、大雨台風落雷竜巻雹(ひょう)などの自然災害による損害でも車両保険は使えます。

 

ただ、地震噴火津波の3つの災害は例外で補償対象外。

 

これらの自然災害は莫大な被害が発生することが考えられます。そのため、保険会社は保険金を支払いきれないリスクが高いため、補償対象から外してあるのです。

 

<参考>
一部の保険会社では地震・噴火・津波による車両損害を補償する特約を販売しています。ただし、全損の場合に50万円というように補償額が抑えられたものとなっています。また、あまり積極的に販売していないところも多いようです。

 

自然災害別のカテゴリーへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから