洪水による車の損害も車両保険で補償されるか | 自動車保険

洪水による車の損害も車両保険で補償されるのか

台風や集中豪雨などで川が氾濫して洪水が起き、車が水没したり、流されてしまった場合、車両保険は使えるのでしょうか。

洪水による冠水被害

洪水による車両損害も補償対象となります。

 

車がある程度の高さまで水没してしまうと、エンジンはかからなくなってしまいます。

 

状況によっては修理可能な場合もあるようなのですが、エンジンまで水に浸かってしまったりすると修理不能となってしまうようです。

 

いずれにせよ、契約時に設定した車両保険金額を上限として、修理可能な場合は修理代が補償され、修理不能な場合は車両保険金額と同額の補償がされます。

 

ただし、一部の保険会社では、車両保険の補償範囲から自然災害による損害や盗難被害などの補償を除くことができます。(その分保険料が安くなる)

 

もし、契約の際に自然災害による損害を除いていた場合は、当然ながら洪水は補償対象外となってしまいますので注意が必要です。

 

保険を使うと等級は?

洪水による損害で車両保険を使った場合、翌年度の等級は1つ下がります。また、事故あり係数適用期間は1年プラスされます。

 

洪水被害でもロードサービスを使用できる

洪水被害により車が自走不能になった場合も、自動車保険のロードサービスの使用は可能です。各保険会社ごとに決められた距離内であれば、修理工場まで無料で搬送してもらうことができます。

 

ただし、それはもちろん自動車保険にロードサービスが付帯されている場合だけ。

 

ほとんどの保険会社ではロードサービスは自動付帯となりますが、「おとなの自動車保険」のように、ロードサービスを外すことができるところもありますし、法人契約にはロードサービスがつかないところもありますので注意が必要です。

 

鬼怒川の堤防決壊による洪水

ここ数年で起きた大規模な洪水被害といえば、2015年9月10日の鬼怒川の堤防決壊によるものでしょう。この洪水により2人が死亡し、3000戸以上が浸水。かなりの数の自動車も、流されたり、水没したりして使い物にならなくなったようです。

 

※冠水した茨城県常総市内の様子

 

 

実は私は当時、某損害保険会社のロードサービス部門に勤務していたのですが、
被災地では多くの車が被害を受けて動かせなくなっており、大変な状況だったのを覚えています。

 

現地のロードサービス業者だけではまったく対応が間に合わず、
他の地域のロードサービス業者も、応援に駆けつけて対応していました。

 

自然災害別のカテゴリーへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから