法人契約ができる通販型の自動車保険は?9社の引受状況を調べてみた!

法人契約ができる通販型の自動車保険は?

法人名義で自動車保険の契約をしたいのですが、通販型だと個人契約しか扱っていない保険会社もあると聞きました。どの保険会社なら法人契約ができるのでしょうか。

基本的に代理店型の保険会社であれば、法人契約の引き受けをしています。ですが通販型の保険会社は、法人契約ができる保険会社は限られているようです。

 

そこで、通販型自動車保険9社の引受可否を調べてみたところ、以下の3パターンに分かれていました。(2018年3月調べ)

 

ソニー損保・セコム損保・チューリッヒ

この3社は法人名義の契約を引き受けています。

 

契約者・記名被保険者・車両所有者の3つのうち、
どの名義が法人だとしても契約可能です。

 

イーデザイン損保・アクサダイレクト・セゾン自動車

この3社は法人契約の引受をしていません。

 

契約者・記名被保険者・車両所有者のうち、
いずれか1つでも法人名義が入ると引受不可となります。
法人所有の車を個人で契約するというのも引き受けてもらえないんですね。

 

SBI損保・三井ダイレクト・そんぽ24

この3社は、契約者・記名被保険者が法人名義だと引受不可となります。

 

車両所有者が法人でも、契約者と記名被保険者が個人であれば契約可能です。
(所有者が個人とはまったく関係のない法人の場合は除く)

 

参考:3つの名義の意味

  • 契約者・・・保険会社と契約し保険料を支払う人
  • 記名被保険者・・・主に運転する人。保険の中心となる人。
  • 車両所有者・・・契約車両の所有者

注:車両所有者が自動車ディーラー、ローン会社、リース会社(1年以上のリース契約に限る)のいずれかの場合は、車検証上の車両使用者を所有者として考えます。

 

関連記事:自動車保険の3つの名義

9台以下のノンフリート契約のみ

法人の自動車

通販型の自動車保険会社は、10台以上の契約である「フリート契約」を扱うための認可を受けていません。

 

そのため、法人契約ができる通販型自動車保険でも、10台以上の車(バイク含む)を所有している法人の契約はできません。

 

契約できるのは、所有・使用する車が9台以下の法人だけなので注意してください。

 

関連記事:ノンフリート契約とフリート契約とは

 

通販型でもあまり保険料は安くならない

通販型自動車保険は個人契約をメインに考えられています。

 

そのため、個人契約であれば、代理店型よりも通販型の自動車保険のほうが、
保険料が安くなる可能性がかなり高くなります。

 

しかし、記名被保険者が法人となる契約では、
通販型でも、保険料が安くなる可能性はそれほど高くありません。

 

また見積もりをネットで行うことはできず、電話での見積もりとなりますので、
インターネット割引の適用もありません。

 

よって、見積もりするときは、安くなることをあまり期待しないほうがいいでしょう。

 

<注1>
契約者が法人でも、記名被保険者が個人であれば、
インターネット契約はできませんが、代理店型よりも安くなる可能性が高いです。

 

自動車保険の選び方の質問一覧に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから
愛車の市場価値を調べてみませんか?

 

ズバット車買取比較であれば、あなたの愛車の価格を無料で査定してもらうことができます。

車種や走行距離、年式等を入力することで、全国214社の中古車買取業者の中から、最大10社に査定依頼を簡単に出すことが可能です。

入力はたった1分ほど。あなたもぜひ愛車の買取価格を査定してもらいませんか。

⇒ズバット車買取比較の公式サイトはこちら

最終更新日:2018年7月6日