改造車でも契約できる通販型の自動車保険会社

改造車でも契約できる自動車保険会社

車を改造した状態で車検を通したうえで乗っています。(もちろん合法的な範囲内の改造です)先日、少しでも保険料を節約したいと考えて、保険会社を乗り換えようと通販型の自動車保険会社で見積もりをしようとしたところ、改造車は引き受けできないと言われました。改造車でも加入できる通販型自動車保険はないのでしょうか。

レクサス

まず、自動車保険の中での改造車の定義ですが、例えば、車検証上の型式が「R35改」とか「FD3Sカイ」というように「改」もしくは「カイ」と表記されている車のことを指します。

 

マフラーやハンドルを合法的な範囲で変えるといった軽い改造であれば、車検証の型式表記に影響ありません。つまり、自動車保険では改造車扱いはせず、普通の車と同様に扱われますので、改造していることによって引受制限されるようなことはありません。

 

ですが、エンジンを乗せ換えたり、車のサイズが大きく変わったりというように、車検証の内容に変更が出るような改造を行った車に関しては、構造等変更検査を受ける必要があり、合格することで型式欄に「改」もしくは「カイ」と記載され、自動車保険では改造車として扱うのです。

 

ちなみに構造等変更検査に通らない改造をした状態の車が違法改造車。当然ながら、その車で公道を走ることは違法ですし、自動車保険に加入することもできません。

 

ということで、改造車でも契約できる通販型自動車保険ですが、
調べてみたところ、以下の7社でした。

☆改造車の契約ができる通販型自動車保険
ソニー損保、そんぽ24、三井ダイレクト、SBI損保、アクサダイレクト、
チューリッヒ、セゾン自動車(※)

 

※セゾン自動車は、改造車の新規契約は不可。同社で契約中に車両入替をして、入替後が改造車だった場合に限り契約可能。

 

ただし、上記の保険会社でも、改造内容によっては契約不可となる場合も考えられますし、車両保険は付帯できない場合も多いので注意が必要です。このあたりのルールは各社様々で、個別判断となるケースも多いようですので、見積もりを依頼する前に確認してみましょう。

 

自動車保険の選び方の質問一覧に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2017年10月19日