自動車保険を途中解約すると返戻金はあるのか

自動車保険を途中解約すると返戻金はあるのか

任意の自動車保険に加入しているのですが、車を手放すことになったため途中解約するつもりです。まだ保険期間が半年以上残っているのですが、すでに年払いで支払った保険料は返戻金として半分戻ってくるのでしょうか。

年払いで保険料を支払っている場合の解約返戻金は、
月割計算で残り期間分を返金する保険会社もありますが、
「短期率」という数字を使って計算される保険会社が多いようです。

 

※短期率表
短期率表

 

例えば、年間の保険料が10万円だったとして、
その保険を6ヶ月ちょうどで解約した場合の解約返戻金を計算してみましょう。

 

短期率表を見ると、「6ヶ月まで」の短期率は「70%」となります。

 

でも、この70%というのは返戻金の割合ではなく、保険会社がもらう割合です。
よって、残り30%の3万円が返戻金の額ということになるのです。

 

半年で解約するなら、保険料も半分返ってくると思いがちですがそうではないんですね。

 

短期率とはなにか

普通はどんな保険でも、短期契約と長期契約を比べると、
1日あたりの保険料は短期契約のほうが高くなります。
長期契約は、長い期間の約束をしてもらえるということで割引になりますからね。

 

この短期率というのは、
「もしその保険期間の保険があるとしたら、年間保険料の何%の保険料にする?」
というようなものだと言い換えることができます。

 

つまり、もし6ヶ月契約の保険を作るとしたら、
1年契約の70%の保険料になりますよっていう意味になるわけです。

 

月払いの場合は月割

月払いで保険料を支払っている場合、解約は月割計算です。

 

例えば、2ヶ月目の途中で解約した場合は、2ヶ月分の保険料が支払われてればOK。
日割りではないので解約返戻金はなく、1ヶ月と10日で解約しても2ヶ月分の保険料がかかります。

 

もし、3ヶ月目の保険料の引き落としがされてしまっていた場合は、
もちろん、その分だけは返金されることになります。

 

月払いの場合は、年払いよりも手数料がかかる分だけ高くなりますが、
解約するときに限ると、短期率計算でない分、年払いよりも有利になりますね。

 

中断証明書の発行を忘れずに

車を手放すことによる解約となれば、
次回7等級以上の予定である場合に限り、中断証明書の発行が可能です。

 

10年以内であれば、また車を手に入れて任意保険に加入する際に、
この中断証明書を使用することで、現在の等級を継承することができます。
(保険期間中に事故で保険使用があった場合はそれも考慮した等級となります。)

 

基本的に、保険会社のほうから発行の手続きの案内があるかとは思いますが、もし言われなかった場合は、必ずこちらから発行希望である旨を伝えるようにしましょう。

 

関連記事:自動車保険を解約したら等級は無駄になるのか

 

手続きに関する質問一覧に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2017年12月8日