SBI損保の自動車保険の特徴と口コミ・評判

SBI損保の自動車保険

SBI損保は、金融事業やバイオ関連事業、アセットマネジメント事業などを展開するSBIグループに属する損害保険会社です。

 

ネットでの宣伝・販売に注力することで、劇的に安い保険料設定を実現。通販型自動車保険の中でも特に保険料が安いと評判の保険会社です。

 

このページでは、SBI損保の自動車保険の特徴や、
口コミ・評判などについて紹介していきたいと思います。

 

<目次>

  1. SBI損保の会社情報
  2. SBI損保の自動車保険の特徴
  3. 主な特約など
  4. SBI損保の口コミ・評判
  5. 加入者の事故・ロードサービス体験談

 

SBI損保の会社情報

会社名 SBI損害保険株式会社
公式サイトURL http://www.sbisonpo.co.jp/
本社所在地 東京都港区六本木1丁目6番1号 泉ガーデンタワー
設立 平成18年6月1日
資本金 329億円
主な取扱商品 自動車保険、火災保険、がん保険

SBI損保の自動車保険の特徴

リーズナブルな保険料

SBI損保の最大の特徴は保険料の安さ。通販型自動車保険の中でも、特に安い保険料を実現させており、それが魅力で契約している方が多いようです。

 

実際、いくつかの企業が行っている自動車保険ランキングでも、保険料部門では軒並み1位を獲得。保険料の安さに重点をおいて、保険会社選びをしている人は特にチェックすべき保険会社と言えるでしょう。

ロードサービス

SBI損保の自動車保険にはロードサービスが自動付帯されており、契約車両の故障や事故などの緊急時に、車の搬送や応急対応などのサポートを受けることができます。

 

注目したいのは、他社では無料サービス対象外になっているところも多い、スタック(タイヤが空転して動けなくなる状態)の対応が無料であること<注1>。

 

さらに脱輪はタイヤ1本だけの場合に無料という通販型自動車保険も多い中、SBI損保ではタイヤ3本脱輪しても無料対応してもらえるという部分。

 

これらのトラブルについて気になる方は同社での契約を検討するといいでしょう。

 

ただ、業界最高水準のロードサービスと公式サイトでは謳っているのですが、それはどうかなと思うのが正直なところ。下記のプレミアムサービスであれば、たしかに高い水準となります。でも、ノーマルのほうは標準レベルは満たしているものの、最高水準とまでは言えないかなと思います。

 

ロードサービス拠点は全国約3,680ヵ所(2018年6月現在)と、業界内では多い水準ではありません。そのため、トラブル現場によっては、到着までに他社よりも時間がかかるケースが多いかもしれません。

 

また、自分が指定した修理工場まで搬送する場合は、上限50kmまでが無料となっており、特にこの距離は最高水準ではありません。

 

さらに、赤字で目立つようにレッカーの搬送は距離無制限と公式サイトに書いてあります(2018年7月4日時点)が、無制限なのはSBI損保の指定修理工場へ入庫する時だけなので注意が必要です。

 

<注1>
タイヤチェーンやスタッドレスタイヤ未装着の車の雪道のスタックは対象外。

 

プレミアムサービス

SBI損保の自動車保険では、以下のいずれかに該当する場合、ロードサービスがプレミアムサービスにグレードアップされます。

 

  1. SBI損保の自動車保険契約が継続して3年目以降であること
  2. SBI損保のがん保険にも加入していること
  3. SBI損保の火災保険にも加入していること
  4. 車両保険(一般)、全損時諸費用保険金特約、自宅・車庫等修理費用補償特約、車内外身の回り品補償特約、レンタカー費用補償特約(保険金額10,000円)、これらすべてが付帯されていること

 

プレミアムサービスでは、いくつかのサービス範囲が拡大されます。無料搬送距離が50kmから150kmに延長されたり、基本サービスでは対象外となるキー紛失時のキー解錠や作成、すべてのタイアヤが落輪(落車)した場合の引き上げ作業などが無料になるなど、かなり安心できる内容になります。

 

事故対応

事故受付は24時間365日行っているのはもちろんのこと、平日は19:00まで、土日祝日は17:00までに受け付けた案件については、相手方や病院への連絡、代車の手配などの初期対応を当日中に行ってくれるのが、SBI損保の特徴の1つ。

 

ただ、公式サイトを見ると、「緊急性の高いものから優先的に対応するので希望に添えない場合もある」という注意書きがありますので、例外もそこそこありそうな気配がありますね。

 

初期対応が終わったあとは、事故対応専任スタッフが示談交渉などの対応を行いますが、特に「1事故1担当者制」というわけではないので、物損に関する担当者と、人身に関する担当者が違うなどして、状況が分かりづらいシーンが出てきそうで心配な部分があります。

 

実際、通販型の自動車保険の事故対応満足度を比較するのページにも書いていますが、今のところ、他社に比べて事故対応満足度の数値は低いようです。

 

主な特約など

SBI損保の自動車保険で、対人・対物賠償、人身傷害などの基本補償とは別に、任意で付帯することができる特約は以下のとおりです。

 

  • 弁護士費用等補償特約

    自分に過失がない事故など、保険会社が示談交渉を代行できないケースに役立つ特約。弁護士報酬や訴訟費用などを補償します。

  •  

  • ファミリーバイク特約

    記名被保険者またはその家族が、原動機付自転車を運転中の事故を起こした場合に補償するものです。

  •  

  • 全損時諸費用保険金特約

    車両保険をつけている場合に追加できる特約。車が全損した場合、車両保険金額の10%(20万円限度)の金額を補償するものです。

  •  

  • 車内外身の回り品補償特約

    契約自動車の室内やトランク内にあった身の回り品や、一時的に車外に持ち出した身の回り品が、偶然な事故により壊れてしまった場合に補償する特約です。

  •  

  • 自宅・車庫等修理費用補償特約

    自分の家や車庫を契約車両の事故で壊してしまった場合に、その修理代金を30万円を限度に補償するものです。自分の物の損害は対物賠償保険の対象外となりますので、この特約が役立ちます。

  •  

  • 個人賠償責任危険補償特約

    日常生活や、住居の所有・使用・管理に起因する偶然な事故で、損害賠償責任を負ってしまった場合に保険金が支払われるものです。示談交渉サービスもついています。

  •  

  • 自転車事故補償特約

    記名被保険者またはその家族が、自転車で事故を起こしてしまった場合の特約です。他人を死傷させてしまったり、他人の物を壊してしまった場合、運転者がケガしてしまったときなどに保険金が支払われます。

 

SBI損保の口コミ・評判

<40代 男性>
補償内容と保険料の関係が分かりやすく、特約などをつけた場合のシュミレーションがやりやすく、十分検討をしたうえで納得いく保険料での契約ができたと思う。

<50代 女性>
何社もの保険会社での見積もりを比べてみた。ネット割引が高く、補償は他と同じなのに保険料が安かったので、SBI損保で契約することにしました。

<30代 女性>
WEBで24時間好きなときに契約ができるところが気に入っています。保険料が格安なのと、クレカ払いに対応しているところも満足しているポイントです。

<30代 女性>
キーの閉じ込みをしてしまったことがあり、SBI損保のロードサービスを使ったことがあります。想像してたよりも短い時間で、業者の手配をしてくれて、サービスも無料だったのでとても良かったです。

<20代 女性>
事故受付のコールセンターに連絡したとき、対応してくれた方の処理が早く、感じもとても良かった。保険金の支払いも早くて納得のいく内容だったので、満足しています。

<40代 男性>
事故受付時の電話対応や、その後の連絡。そして事故の相手に対する配慮など、ネット損保とは思えないような良い対応だった。

<60代 男性>
事故処理の担当の方の対応が良く、特に何の不安も感じることなく、面倒な手続きもなかったので楽だった。事故の相手にも不安を感じさせることがなかったようで感謝された。

事故をしてしまい、こちらは不安だというのに、時間外ということですぐに対応してくれず誠実とは言いがたいと思った。その後も対応は機会的かつ形式的で本当に困った状況で信頼できないなって思った。いつでも24時間対応できるようにしてほしい。

正直なところ、他社と比較して保険料が安いので心配はありました。自損事故をおこしてしまい、コールセンターに電話したのですが、その対応も修理結果にも満足できております。まわりの友人などにも安心して勧めることができると思いました。

 

「保険会社別の特徴と口コミ・評判」の目次に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2018年9月12日