自動車保険の特約

自動車保険の特約

自動車保険の解説員

自動車保険には、対人賠償保険や対物賠償保険など、
基本的な補償にプラスして、様々な特約をつけることで、
補償を充実させることができます。

 

この特約の取り扱いに関しては保険会社によって様々。
特約によっては、扱っている保険会社と扱っていない保険会社があるので注意しましょう。また、特約の名称も会社によって違う場合もありますので、その点はご了承ください。

 

ここでは代表的なものを優先的に紹介していきます。

 

 

弁護士費用特約

弁護士への報酬や訴訟に要した費用を補償するものです。
基本的に、もらい事故など、自分に過失がない事故の場合の
示談交渉の際に役立ちます。

 

ファミリーバイク特約

自動車事故に付帯できる特約で、一般的には125CC以下の原動機付自転車を運転している際に起こしてしまった事故に対して補償されるものです。補償内容は対人賠償・対物賠償・人身傷害(もしくは自損事故保険)とがあります。また、この特約を使ったとしても、来年度の等級には影響ありません。

 

車内身の回り品特約

自動車事故などにより、自分の車の中にあった身の回り品が損害を受けたときに補償される特約です。ただし、お金や貴金属類など、一部補償対象外の物もあります。

 

レンタカー(代車)費用特約

事故による車が破損し車両保険を使用するケースで、その車の修理期間中の代車費用等を補償するものです。保険会社により実際にかかった費用を補償する場合と、1日5000円というように定額払いの場合があります。

 

他車運転危険担保特約

他人の車を運転して、事故を起こしてしまった際に、優先的に自分の保険を使用できるようになるものです。多くの保険会社で自動付帯となっています。

 

対物超過修理費用補償特約

車対車の事故で相手側の車が破損した場合、対物賠償から支払われる修理代は、相手の車の時価額が上限となります。この特約を付帯していれば修理代が時価額を超える場合に、その差額分の補償を受けることができます。

 

車両新価特約

初度登録年月から25ヶ月以内の車に付帯できるものです。
この特約を付帯しておけば、車が大きな損害を被ったときに新車相当の金額が補償されます。

 

車両地震特約

車両保険があれば、どんな場合の車両損害でも補償されるというわけではありません。
この特約を追加することで、地震・噴火・津波による車両損害も補償対象に追加できるのです。

 

車両保険の無過失事故に関する特約

自分に過失がない事故により車両保険を使った場合に、通常は等級ダウン事故となりますが、
それをノーカウント事故として扱い、等級が下がるのを防ぐための特約です。

 

おりても特約

ソニー損保のオリジナル商品。自動車保険は通常自動車に乗っている間の補償となりますが、
車で出かけた先で、車から「おりても」、その間に生じた損害の補償をするという特約です。

 

自動継続特約

万が一の更新手続き漏れの救済措置を行うもので、自動継続状態にしておき、
一定期間内に手続きをすれば、等級継承や補償も大丈夫というものになります。

 

等級プロテクト特約(すでに販売停止されています)

次回等級が下がるような事故で保険を使ったとしても、この特約を付帯していれば、
保険期間中の初回の事故に限り、等級は下がらずに「すえおき」となるものです。

 

その他の特約

犯罪被害事故傷害特約、交通事故傷害特約、自宅・車庫等修理費用補償特約など、
上記以外の細かい補償に関する特約の説明をしています。


あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加