自動車事故をおこしてしまった時の知識

事故関係の知識

出会い頭の事故

ここでは、万が一の事故の際の知識を紹介していきたいと思います。

 

事故がおきてしまったときのことって一番気になりますよね。過失割合は誰が決めるのかとか、示談交渉は自分でやらないといけないのかなど。。不安な点はいろいろあるのではないかと思いますので、できる限り説明していきます。

過失割合は誰が決めるのか

過失割合、つまり事故の当事者同士、どちらがどれだけ悪いかという割合って誰が決めるのでしょうか。警察が決めると思ってる人も多いようですが、それは違いますよ。

 

自動車同士の事故で過失割合100:0となる3つのケース

動いている車同士の場合、双方に過失が生じると聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。でも実際は、状況によって片方の過失が100%になる場合もありえるんです。

 

示談交渉は保険会社がやってくれるのか

自動車保険の対人・対物賠償保険には自動的に示談交渉サービスがついています。
そのため、基本的には保険会社が事故の相手との示談交渉を行なってくれます。
でも、基本的に...ってことは例外があるってことですよね。その例外とは。。

 

自動車事故発生から解決までの登場人物

事故を起こしたとき、登場人物がかなり多くなり混乱する人がかなりいます。
ここでは事故発生から解決までに主に登場する人たちを説明しています。

 

自分の過失が0だと保険会社が示談交渉できないの?

自分に過失がない事故の場合、保険会社が示談交渉をしてくれないのは知っていますか。自動車保険に加入していれば、なんでも全部やってくれるってわけではないんですよ。

 

事故を起こしてしまったら現場で何をすればいいのか

もし事故をおこしてしまった場合、その場では何をするべきなんでしょうか。
慌てて保険会社に電話する前に...まずはやるべきことがありますよ。

 

軽微な事故でも警察に届出するべきか

軽い事故の場合、警察に連絡せずに当事者間だけで終わらせてしまうのは簡単でいいのですが、実はそれって道路交通法違反になるだけでなく、後々のトラブルの元になってしまうかもしれません。

 

自賠責保険と任意保険を使うときは両方に請求が必要か

契約車両で人を轢いて、大怪我や死亡させてしまった場合、
保険金請求は自賠責と任意保険の両方の保険会社にしなければいけないのでしょうか。

 

ひき逃げや無保険事故の被害者の補償について

万が一、ひき逃げされてしまったり、無保険の車にひかれてしまったら、相手が分かりませんので加害者の自賠責保険や任意保険を使うことができません。そんなとき被害者の補償は何もないのでしょうか。

 

過失割合は低いのに、自分のほうが賠償金額が高くなることもある

過失割合が自分のほうが低ければ、相手の賠償金のほうが高くなると思いますよね。
でも場合によって、そうでないこともあるから損害賠償は怖い。。

 

事故の被害者のお見舞いは行くべきか

自動車事故を起こしてしまい、他人をケガさせてしまった場合、自分でお見舞いには行くべきなのでしょうか。それとも保険会社に任せてしまっていいものでしょうか。

 

交通事故だと健康保険は使えないのは本当か

交通事故の場合は、健康保険が使えないというウワサが広がっており、実際に病院から使えないとい言われたことがある人も多いようです。これって本当なのでしょうか?

 

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加