自動車保険の補償内容

自動車保険の補償内容

車同士の事故

自動車保険(任意保険)は、事故の相手にケガをさせてしまった場合や、自分の車に乗っていた人がケガをしてしまった場合、自分の車が事故で壊れてしまった場合の補償など、自動車事故に関わる様々な損害に対する補償がセットになった保険です。

 

ここでは、主な補償について、1つ1つ見ていきましょう。

事故の相手方の損害に対する補償

対人賠償保険

自動車事故を起こして、相手側の人のケガや死亡させてしまった場合に賠償責任相当額を補償するものです。ただし、事故の相手が運転者の親・子・配偶者だった場合など補償対象外となる場合もあります。

 

対物賠償保険

自動車事故を起こして、相手側の物を壊してしまった場合に支払われる補償です。ただし、壊してしまった物が自分の親・子・配偶者の物だった場合など補償対象外となる場合もあります。

自分の方の損害に対する補償

自損事故保険

自損事故、もしくは自分が100%悪い事故を起こしてしまった際に、自分の車に乗っている人が死亡・ケガしてしまった場合に保険金が支払われる補償です。(ただし、自賠責保険で補償される場合を除く)

 

無保険車傷害保険

自動車事故で、自分の車に乗っていた人が死亡・後遺障害状態となってしまい、かつ事故の相手側が任意保険に未加入で、相手側に賠償能力がない場合に、自分側の保険会社が相手側のいわば「肩代わり」をして保険金を支払う補償です。

 

搭乗者傷害保険

自動車事故で自分の車に乗っている人が、ケガや死亡してしまった場合に支払われる保険。ケガの場合、ケガの部位と症状によって一定の保険金が支払われる保険会社と、入院や通院の日数によって保険金が決まる保険会社があります。

 

人身傷害保険

自動車事故を起こしてしまった際に、ご自分の車に乗っている人がケガや死亡してしまった場合に、過失割合に関係なく、実際の損害額の実損額で保険金が支払われる補償です。また、この人身傷害からは、休業損害や慰謝料なども支払われます。

 

車両保険

自分の車に対する保険。事故で車が破損した場合の修理代や盗難被害にあった際に保険金が支払われます。ほぼ全ての損害をカバーする「一般車両保険」と、単独事故と当て逃げは補償されない「エコノミー+A」があります。

その他

その他の補償(特約)について

任意の自動車保険では、上記のメインとなる補償にプラスして、細かい補償(特約)を追加で付帯することができます。

 

補償関連のよくある質問

自動車保険の補償に関して、よくある質問と回答を紹介しています。

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加