中央高速でギア故障によりロードサービスを利用

中央高速でギア故障によりロードサービスを利用

ハンドルネーム:にくさん(40代 男性 東京都)
ロードサービスを利用した時期:2014年5月
自動車保険会社:チューリッヒ保険

 

 

シフトレバー

今年の5月、奥多摩での家族登山を終えたのち、帰りに中央高速八王子インターの料金所を通り抜ける際のことです。

 

減速してETCを通過したあと、アクセルを踏んでもまったくギアが入らなくなくなり、ニュートラルままになってしまうという故障トラブルが発生しました。

 

半ばパニックになりながらも、なんとか惰性で車を道路端に寄せ、あわてて保険会社に電話しました。受付の方は、まず安全確保を確認してくれたうえで、管制センターに連絡。さらにロードサービスのレッカー手配をしてくれました。

 

まもなく管制センターの職員がやってきて、
職員の誘導で車を安全な場所まで手押しで動かし、レッカー車を待つことに。

 

でも日曜夕方の渋滞にハマって、結果的に2時間以上待つことになったのが、
小さい子ども連れだったこともあって、とても不安でつらかったのを覚えています。

 

そんななかでも、ロードサービスは100km以内までOKだったので、
八王子から行きつけのディーラーのある埼玉県の川口まで
レッカー対応OKだったことには、正直とてもほっとしました。

 

レッカー車は2台でやってきました。
担当のお二人はとても丁寧に説明してくれたうえで、
私たちを最寄りのインターである国立府中まで、レッカー車に乗せてくれました。

 

本当は荻窪の自宅までレッカー車で送ってほしいとお願いしたのですが、
法令上、牽引車で人を運搬することはやむを得ない場合以外はできないとのこと。
残念ですがしかたないですね。

 

その後、チューリッヒの窓口に再度電話したところ、
国立府中インターから最寄り駅である立川駅までのタクシー代、
荻窪までの電車代はチューリッヒさんで負担していただけることがわかり、
それはうれしいことでした。

 

さらに、修理後の車を引き取りに行く交通費(電車代などの公共交通機関分)も
負担していただけると聞いて、とてもありがたかったです。

 

※ただ後日友人に聞いたところ、別の保険会社では、
レッカー後の帰宅費用や修理車の引き取り費用は、
すべてタクシーでOKと言ってもらえたと聞きましたが。。。

 

<管理人追記>
友人に別の保険会社では、帰宅や修理後の引き取り費用はすべてタクシーでOKと言われたとのことですが、タクシー代が無制限というわけではなく、上限金額は決まっているはずです。

 

チューリッヒの場合は最も合理的な帰宅手段(原則はバスや電車)となっており、
バスや電車が走っていない場所や時間帯に限り、タクシー費用も対象となるようですね。

他のロードサービス体験談も読む

 

トップページへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから