雪道や泥・砂でスタック。自動車保険のロードサービスは使えるか

スタックはロードサービス対象外となる保険会社が多い

この動画の状態のように、雪道や砂浜などでタイヤが空転してしまい、
車が動けなくなる状態を「スタック」といいます。

 

 

スタックの状態になってしまった場合、ロードサービスを使いたいところなのですが、
スタックは有料対応になってしまう保険会社が多いので注意が必要です。
(保険会社によってはJAFの電話番号を案内されることもあるようです)

 

砂浜を走る車

多くの保険会社でロードサービスの対象となるのは、インロックやガス欠を除いて、「車の故障や事故によるトラブル」と規定されており、スタックというのは、事故でもないし故障でもないので対象外というわけです。

 

例えば、雪道で側溝があるのに気づかずに、そこに落ちたうえで、スタック状態になったのであれば、脱輪(事故)という扱いで対象にしてくれます。

 

しかし、単純に雪道・砂浜・泥道などにハマって、
動けなくなった場合はダメなんですね。

 

都会暮らしの人であれば、大雪の日に車で出かけたり、海に行って砂浜に乗り入れたりしない限り、車がスタックしてしまうなんてこととは無縁かと思います。でも、雪道や舗装されていない道を走ることが多い人は、スタックがロードサービスの対象となるかどうかを、保険選びのポイントの1つとしてもいいかもしれません。

 

ただ、ルールは保険会社によって違います。

 

スタックを完全にロードサービスの対象としているところもありますし、対象であったとしても、公道上以外でのスタックは対象外となるところもあります。さらに、雪道のスタックに関しては、タイヤにチェーンを巻いてなかったり、スタッドレスタイヤでなかったりした場合は対象外という制限があるところもあるのです。

 

スタックの際も無料でサービスが受けたいという方は、
契約前にしっかりチェックしておきましょう。

 

JAFに加入しておけば安心

JAF自動車保険のロードサービスの穴を埋める意味で、JAFに加入しておくと安心です。

 

JAFならスタックもサービス対象ですし、パンクの応急修理やタイヤチェーンの脱着といった、自動車保険のロードサービスでは対応できないトラブルも対象です。

 

また、自動車保険では、事故や故障で車を搬送することになった時、レッカー車への同乗は基本的に不可となります。でも、JAFであれば搬送先まで2名まで同乗可能です。

 

さらにJAF会員であればサービスを受けられますので、自分以外の車を運転していた時のトラブルも対象となります。特に勤務先や友人などの車を運転する機会が多い方は、JAFに加入しておくといいかと思います。

 

JAFの魅力は優待の多さ

JAFは全国の飲食店やレジャー施設等と提携しており、
会員証を提示することで、割引になるなどのサービスを受けられます。

 

JAFの会員費は年間4000円(入会金1500円)なのですが、
優待の割引を利用することで、余裕で元は取れるという人も多いのではないでしょうか。

 

ちなみに私もJAF会員になってます。すき家、牛角、サンマルクカフェ、ドミノピザ、カラオケ館などを利用する時は、必ず会員証を提示しており、おそらく年間4000円を大幅に超える割引をしてもらってます。

 

優待だけでもかなりお得かと思いますので、ぜひ検討してみてください。

 

⇒JAFの公式サイトはこちらから

 

無駄なく格安な自動車保険に加入するための6つのポイント

 

「ロードサービスについて」の目次に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2017年12月20日