ゴールド免許証の保有者の割合について | 自動車保険関連データ

ゴールド免許証の保有者の割合について

ゴールド免許証

ゴールド免許証になる条件は、更新時に過去5年間に点数がつく事故や違反がないこと。保険会社にもよりますが、多くの自動車保険で、ゴールド免許割引で優遇されます。

 

でもゴールドになるのって、頻繁に運転するような人にはなかなか難しいことで、事故はなかったとしても、なにかしら違反で捕まってしまうことが多いんですよね。

 

私もかなり車は運転しているほうだと思うのですが、免許をとってから更新は何回もしましたが、ゴールド免許になったことがありません。

 

事故を起こしたことはないのですが、ちょっとした違反で捕まってしまうんですよね。前回の更新時も、更新の2ヶ月ほど前に一時停止違反で捕まってしまいゴールドになれませんでした。

意外に高いゴールド免許の割合

ちなみに、ゴールド免許の人の割合ってどれくらいなんだろうと思い、
調べてみたのですが、正確なゴールド免許の割合のデータは見つけらませんでした。

 

でも、警察庁ホームページの免許更新時のデータから、近い数字は出せそうなので紹介します。

 

ゴールド免許の割合

 

免許の更新の際には、事故・違反歴等によって受ける講習が変わるのですが、
このデータはどの講習をそれぞれ何名受講したかというものです。

 

このうち「優良運転者講習」を受講した人がゴールド免許を取得した人になりますので、
このデータで少なくとも、H20〜R1年に免許を更新した人のゴールド免許割合が分かりますね。

 

ということで、R1年のゴールド免許証の割合を計算してみると、
全講習受講者15,392,440名に対して、優良運転者講習受講者が9,079,538名ですので...

 

なんと、59.0%の人がゴールド免許をR1年に取得しているということです。
これには驚きましたね。新たに自動車免許証を更新した人の半分以上がゴールド免許とは。。

 

平成20〜令和1年の分を計算して並べてみると・・・

  • H20年:44.4%
  • H21年:50.1%
  • H22年:52.5%
  • H23年:52.1%
  • H24年:52.0%
  • H25年:50.0%
  • H26年:54.0%
  • H27年:56.2%
  • H28年:56.4%
  • H29年:56.6%
  • H30年:56.4%
  • R1年:59.0%

 

見てのとおり、平成20年に「44.4%」だった割合が、
令和元年には「59.0%」と大幅に増加しています。

 

直近の数字から考えて、
現在の運転免許証保有者のゴールド割合は59%程度と言えそうです

 

ゴールド免許保有者の多くがペーパードライバーだとは言われているので、
ある程度高い数字かとは予想していましたが、6割近くがゴールド免許とは意外でした。

 

ちなみにゴールド免許保有者のうち、ペーパードライバーがどれくらいの割合なのかも調べてみました。しかし、信頼できそうな近年のデータは見つけることができませんでした。ペーパードライバーの定義にもよるんでしょうけど、2〜3割くらいはいるんでしょうかね。

 

「優良運転者」を対象に交付するという位置づけのゴールド免許ですが、ペーパードライバーの割合次第では、逆に「危険運転者」である可能性のほうが高いのではないかと思えてしまいます。

 

「交通事故・自動車保険関連のデータ」の目次に戻る

 

公開日:2018年5月6日

更新日:2020年11月10日

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積はこちらから