ディーラー・修理工場が休みの場合のロードサービスの対応 | 自動車保険

搬送先が未定の場合や夜間・定休日の場合

レッカー

事故や故障で車が自力走行不能になってしまった場合、ロードサービスで希望するディーラーや修理工場まで搬送してもらうことができます。

 

でも、修理工場まで搬送してもらいたいけど、トラブルが発生したのが夜間や修理工場の定休日だった場合や、すぐに搬送先を決められない等の場合はどうなるのでしょうか。

 

トラブルが修理工場の定休日や営業時間外だった場合

修理工場へ搬送してほしくても、あなたが希望する修理工場が定休日だったり、夜間の事故や故障などのトラブルで営業時間外だった場合は、すぐに搬入することができません。

 

その場合は、車を一旦レッカー業者が預かってもらい、
搬送先の営業時間内に運んでもらうということも可能です。

 

また、保険会社によって違ってきますが、
自宅が近い場合であれば、一旦自宅まで運んでもらったうえで、
再度、修理工場まで運んでもらうということも可能なところもあります。

 

搬送先をすぐに決められない場合

希望する搬送先がすぐに決まらない場合も、決まるまでレッカー業者で預かることもできますし、一旦自宅まで運んでもらい、修理工場が決まり次第、再度そこまで運んでもらうというのも可能です。

 

また、保険会社によっては、保険会社が提携している修理工場を紹介してくれます。
入庫したい修理工場等がない場合は、そちらを紹介してもらうといいでしょう。

 

預かり費用が発生する可能性も

上記のとおり、入庫を希望する修理工場が定休日だったり、搬送先が未定の場合、レッカー業者のほうで車を預かることもできるのですが、保険会社によっては、無料の預かり日数に制限があるため、自己負担となる費用が発生してしまうケースも考えられますので注意が必要です。

 

夜間のトラブルやたまたまその日が修理工場の週に1回の定休日だった場合であれば、預かりは1日になりますので、特に問題にはならないかと思います。

 

でも、ゴールデンウィーク中で修理工場が連休となっている場合は、1週間預かってもらうなんてことも出てくるかもしれませんし、搬送先をすぐに決められない場合も、預かり期間が長くなってしまい、預かり費用が発生してしまう可能性があります。

 

預かりの場合の搬送距離

レッカー業者に車を預かってもらう場合の注意点がもう1つあります。
それは、直接修理工場へ運ぶよりも、多くの場合で搬送距離が長くなってしまうこと。

 

例えば、トラブル現場から修理工場までの距離が25kmだったとしても、預かりになる場合は、まず現場からレッカー会社まで搬送して、翌日、レッカー会社から修理工場へ運ぶわけですから、搬送距離が25km以上になってしまうケースが多くなります。

 

もし、30kmまでの搬送が無料という保険会社だった場合、現場から直接修理工場へ運べば、無料の範囲で済むのに、レッカー会社経由となることで、30kmを超えてしまうことも考えられるわけです。(これは一旦自宅へ運んでもらって、後日修理工場へ運ぶというケースでも同じ)

 

<関連記事>

 

「ロードサービスについて」の目次に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから