運転者家族限定特約の家族の範囲は | 自動車保険

自動車保険における家族の範囲は

自動車保険では運転者を家族に限定すると割引になると聞きました。人によって家族の定義はさまざまですが、自動車保険でいう家族とはどこまでの間柄をさすのでしょうか。

自動車保険での家族の定義は下記のとおりです。

 

  1. 記名被保険者
  2. 記名被保険者の配偶者
  3. 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
  4. 記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子

 

つまり、運転者を家族限定にした場合、
この範囲の人が運転した場合の事故のときだけ、補償対象となるのです。

 

今まで運転していた同居の親族が別居することになったり、
契約車両を運転することがある別居の子が結婚した場合には、
この家族の定義から外れることになります。

 

運転者を家族限定にしている場合は注意が必要です。
必要に応じて、家族限定を外すようにしてくださいね。

 

配偶者は内縁関係も含む

この内縁関係というのが、法的にはっきりと定義されておらず、
どんな場合を指すのかをはっきりとは言えない難しい部分。

 

要するに、婚姻手続きをしようと思えば、法律的には可能な状況だが、
何か事情があり、あえてそれをせずに、同居して夫婦同様の生活をしていることですね。

 

この内縁に関しては、保険会社によって解釈が分かれる可能性もあります。
もし、内縁関係の方も運転する場合、運転者家族限定特約を付帯する際には、
必ず事前に契約する保険会社に確認するようにしましょう。

 

未婚とは結婚歴のないこと

別居の未婚の子というのは、別居している結婚歴のない子という意味です。現在独身だが離婚歴がある子は、この未婚の子には当てはまりませんので注意しましょう。

 

補償関連の質問一覧に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2017年10月19日