車を盗難した犯人が事故を起こした場合に自動車保険は使えるか

車を盗難した犯人が事故を起こした場合でも保険は使えるか

車が盗難されてしまい、その犯人が事故を起こした場合、自動車保険を使用することはできるのでしょうか。

いくつかの観点がありますので順番に説明していきましょう。

 

<目次>

  1. 対人・対物賠償保険を使えるか
  2. 所有者が責任を問われることも
  3. 自賠責保険は使えるのか
  4. 被害者は泣き寝入りなのか
  5. 車両保険は使えるのか

 

被害者が出た場合、対人・対物賠償保険を使えるか

盗難車での事故

もし、犯人が契約車両を運転して事故を起こし、人を死傷させてしまったり、物を壊してしまった場合はどうでしょうか。

 

そもそも自分の車を盗んだ犯人が起こした事故のために、自分の保険なんて使ってやるわけないだろ!っていう人が多いと思いますが、被害者のことを考えると、使えるなら使おうっていう意見もあるかもしれませんね。

 

でも、犯人に関しては「被保険者」にあたらないため、対人賠償保険対物賠償保険も、補償対象外となり使うことはできません。

 

自動車保険約款の対人賠償と対物賠償のページに記載されている
被保険者の定義部分に、このような一文があるんですね。

 

「記名被保険者の承諾を得て契約車両を使用または管理中の者。ただし、自動車取扱業者が業務として受託した契約車両を使用または管理している間を除きます。」

 

つまり、犯人は当然承諾なんて受けずに運転していたものであり、
この犯人の賠償責任に関しては対象外ということになるのです。

 

所有者が管理責任を問われる可能性もある

ただ稀ではありますが、盗まれた場所に車を置いた運転者が
管理責任を怠ったということで、過失が認められる場合も考えられます。

 

鍵をつけてドアロックもせずに

  • 誰でも入れるような場所に駐車していた。
  • 車を長時間放置した。もしくは著しく遠くに離れていた。
  • 盗難直後に事故が発生した。
  • 盗難に気づいているのに、すぐに盗難届けを出さなかった。

 

もちろん、一番悪いのは盗難して事故をおこした犯人なのですが、
上記のような場合には、盗まれやすい状態にしておいた運転者も悪いということで
何割かの過失をとられる可能性があるのです。

 

ただ、この過失分に関しては対人・対物賠償保険を使うことができます。

 

運転して事故を起こしたわけではないのに、保険を使えるのは意外と思うかもしれませんが、実は契約車両の管理上の賠償責任に関しても補償対象となるのです。

 

とはいえ、こんなことも考えられますので、
車を駐車する際は、必ず鍵は外して確実にドアロックをして、
万が一盗難されてしまったら、速やかに警察に盗難届を出さないといけませんね。

 

<関連記事>
日本全国の自動車の盗難件数。車種別の盗難件数データ

 

自賠責保険は使えるのか

自賠責保険

もし、盗難車両による人身事故で死傷してしまった被害者がいる場合、
盗難場所に車を駐車した者が管理責任を問われ、
賠償責任が生じた場合だけは自賠責保険を使うことができます。

 

つまり、管理責任が問われない場合、契約車両にかかっていた任意保険の対人賠償も、自賠責保険も使えないということになります。

 

被害者は泣き寝入りなのか

人身事故

何も悪くない事故の被害者にとっては、対人賠償保険や自賠責保険が使えるのであればまだしも、どちらも使えないとなると大変気の毒です。

 

また、事故を起こした犯人が、被害者へ自腹で賠償金を支払う必要がありますが、そんな人間が賠償金を支払うための十分な資産がある可能性は極めて低いと言えるでしょう。

 

そんなときに被害者を救済してくれるのが「政府保障事業」です。窓口である保険会社に申し込むことによって、自賠責保険と同等の補償を受けることができます。(物の損害については補償を受けることができません)

 

今回のような無保険状態の加害者との事故であるとか、
ひき逃げされてしまった場合の被害者の救済を政府の事業団体がしてくれるのです。

 

(この政府保障事業に関しての詳細は
ひき逃げや無保険事故の被害者の補償について」の記事を参照してください)

 

自分の車の損害に車両保険は使えるか

もし盗難された車が事故により損害を受けていた場合、
車両保険を使うことができます。<注1>

 

ただ、盗難されてから時間がたち、盗難による車両保険金がすでに支払われている場合は、車は保険会社の所有となりますので、さらに車両保険を使うということはできません。

 

保険金支払いから60日以内であれば、受け取った保険金を返還することで、
車を取り戻すことができ、車の修理のために改めて車両保険を使うことも可能ですが、
盗まれた車をまた使用するのも気持ち悪いですから、あまりそうする人もいないでしょうね。

 

<関連記事>
車両盗難で保険金が支払われた後、車が発見されたら?

 

<注1>
犯人が自動車保険契約の運転者条件を満たしている場合のみ、
車両保険の補償対象となる保険会社もあるようです。

 

補償関連の質問一覧に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから
愛車の市場価値を調べてみませんか?

 

ズバット車買取比較であれば、あなたの愛車の価格を無料で査定してもらうことができます。

車種や走行距離、年式等を入力することで、全国214社の中古車買取業者の中から、最大10社に査定依頼を簡単に出すことが可能です。

入力はたった1分ほど。あなたもぜひ愛車の買取価格を査定してもらいませんか。

⇒ズバット車買取比較の公式サイトはこちら

最終更新日:2018年3月9日