ロードサービスで故障車の修理を現場でしてもらえるか | 自動車保険

ロードサービスは現場で故障車の修理をしてもらえるか

車が故障して動かなくなってしまった場合、ロードサービスを使えば、現場に来て修理をしてもらえるのでしょうか。

自動車保険のロードサービスでは「30分程度の応急作業」は無料となります。

 

車が故障してエンジンルームを眺める女性

故障でもいろいろありますが、バッテリー上がりや何かのベルトが少し緩んでいただけというようなことであれば、その範囲に収まり現場で復旧作業を行うことができます。

 

でも、走行中にエンストしてしまったり、バッテリー上がり以外の原因によりエンジンがかからない等の場合、修理に時間がかかるえに、現場で作業をするのは難しくなりますので、修理工場へ搬送することとなります。

 

私の経験上、故障で現場で復旧できるものはバッテリー上がりくらいですかね。
(バッテリー上がりは故障とは言わないかもしれませんが)

 

それ以外に現場で直ってしまうことがないわけではないですが、
ほとんどの場合は、修理工場へ搬送することになってしまいます。

 

これから出かけるところだったので、現場で直してほしいと希望する人もいますが、
さすがにオーバーヒートだとか、ミッション故障とかってなると無理ですし、
走行中にエンストした場合も、現場での応急作業では済みません。

 

エンジンをかけようとしたらかからないという場合、
バッテリー上がりであれば、ジャンピングという作業でエンジンをかけられますが、
オルタネーターやセルモーターの故障等でエンジンがかからない場合は搬送です。

 

ロードサービスを使えば、ちょっとした故障だったら、
すぐに来て直してもらえるって思っている人が、なにげに多いようなのですが、
実際は上記のとおりで、ロードサービス業者が現場で直すことはほぼできません。

 

あくまでもできるのは応急対応であり、修理ではないんですね。

 

ロードサービスでは、一定距離内であれば搬送も無料で行ってくれますので、
修理工場まで車を運んでもらい、しっかり直してもらいましょう。

 

ロードサービス関連のよくある質問一覧に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから