事故で車が損傷。修理しない場合も車両保険は支払われるか | 自動車保険

車両保険は修理しない場合も支払われるか

単独事故で車のボディーに傷やへこみができてしまいました。車両保険(一般条件)がついているので、保険を使って修理しようかと思っているのですが、すでにボロボロの車なので直さずにそのまま乗り続けてもいいかなとも思っています。もし修理をしなかった場合でも、車両保険から保険金は支払われるのでしょうか?

車両保険は、契約車両に損害が生じた場合にその損害分を補償するものとなりますので、実際にその損傷を修理するかどうかは関係なく補償を受けることができます。

 

事故車

つまり、修理をしなかった場合でも、その損害の修理代金の見積もりを出して、契約した際に設定した保険金額を上限として、その見積もり額を保険金として受取ることができるのです。<※1>

 

事故の際に「車の修理はしないので保険会社に事故報告しない」なんて考える人もいるようですが、それは間違いです。必ず保険会社に連絡を入れましょう。

 

車両保険を使用すると等級が下がり翌年度の保険料が上がりますので、損害額が小さい場合は保険を使わないほうが有利になる場合も考えられますので注意が必要ですが、保険会社に事故報告したら必ず保険を使わなければいけないわけではありません。

 

また、報告しておけば事故担当者がついて、保険を使用したほうが良いかどうかも含めて相談できますので、とにかく車両損害が生じた場合は、保険会社の事故受付窓口に連絡したほうが良いでしょう。

 

ちなみに車が修理不能の全損となってしまった場合も同様です。車が事故で全損したという事実だけで、車両保険金額として契約時に設定してある額を受け取ることができます。

 

その保険金の使い方は受取人(車両所有者)の自由。新しい車の購入費に充ててもいいですし、他の物を購入したとしても問題ありません。

 

<※1>
消費税分は差し引かれます。また、全損の場合を除き、免責金額が設定されている契約では、その金額も差し引かれます。

 

補償関連の質問一覧に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから