車両保険からは相手の過失分も支払われるのか | 自動車保険

車両保険からは相手の過失分も支払われるのか

事故で自分の車が破損した場合には車両保険が使えると思いますが、車同士の事故の場合、相手の過失分も支払ってもらえるのでしょうか。

車対車の事故

車両保険は過失割合に関係なく、保険金額内で損害額を支払うことができます。
よって、車同士の事故で相手にも過失がある場合でも、修理代全額が車両保険から支払われます。

 

もちろん、事故の相手に過失があるということは、その過失分に関して支払責任がありますから、相手が任意保険に加入していれば、対物賠償保険から支払ってもらうこともできます

 

でも、それができるのはあくまでも示談が成立してからの話ですよね。
車の修理はすぐに行うでしょうし、修理工場からは修理代を請求されてしまいます。

 

なので、保険会社は相手の過失分も含めて、車両保険で支払っておいて、
示談成立後に相手から立て替えた分の金額を回収するのです。

<例>自分の車の損害→50万円  過失割合→自分50:相手50
1.自分の車両保険から50万円支払われるので、これで修理ができる。
2.保険会社は相手の過失分25万円は示談成立後に相手から回収。

 

もし、相手の過失分も支払ってくれる仕組みがなければ、こんなケースが考えられます。

<例>自分の車の損害→50万円  過失割合→自分50:相手50
1.自分の車両保険から自分の過失分25万円しか支払われない。
2.損害額について示談交渉が難航。相手から25万円をすぐに受け取れない。
3.自分で残り25万円の立て替えができず修理ができない

 

これでは車両保険に入っている意味がないですよね。
損害を受けてもすぐに修理代が得られないわけですから。

 

でも、車両保険はそんなことにはなっていないので安心してください。
保険金額内であれば、修理代を全額支払ってくれますからね。

 

ちなみに主に自分の車の搭乗者が自動車事故で死傷した場合の
人身傷害保険も、この車両保険と同じ考え方をします。

 

例えば、搭乗者がケガをしてしまったら、実際の損害金額を算出して、
相手の過失分も含めて保険金が支払われ、後で保険会社が相手過失分を回収するのです。

 

補償関連の質問一覧に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2017年10月19日