カーナビも車両保険の補償対象となるか | 自動車保険

カーナビは車両保険の対象か

カーナビが事故で壊れてしまったり盗難されてしまった場合、車両保険の補償対象となるのでしょうか。

カーナビ

カーナビも車両保険で補償されます。

 

「被保険自動車に定着されている物」の損害は、車両保険の補償範囲に入りますので、カーナビやETCの車載器等の損害も補償されるのです。

 

ただし、あくまでも補償対象に入るのは、車にボルトやナットなどでしっかりと定着されているものだけ。

 

持ち運びができるポータブルタイプのカーナビは、定着されているものではないので、車両保険では補償されません。

 

また、ポータブルタイプでないカーナビでも、購入してそのまま箱に入れていたり、 定着させずに車内に置いてある状態で損害を被っても、補償対象外となります。

 

もし、ポータブルタイプのカーナビの補償もつけたい場合は、車内身の回り品特約で補償されますので、付帯するといいでしょう。

 

ちなみに保険金として支払われるのは、
盗難されたり壊れてしまって修理不能なカーナビの新品価格相当とは限りません。

 

買って間もないカーナビであれば、新品価格相当が補償されるようですが、
古いカーナビだった場合、それなりに価値は減っているわけですから、
原則、新品で購入した金額から減額された保険金しか支払われないので注意が必要です。
(修理できる場合、カーナビの価値と修理費用のうち安いほうの金額)

 

あくまでも補償されるのは、損害前と同等の状態に戻すために必要な金額となりますので、古いカーナビであれば、それと同価値のカーナビを購入できるであろう金額と考えるわけです。

 

ただ、カーナビの場合は車本体ほど中古品を簡単に調達できないケースがあるなど、
ケースバイケースの判断が必要で、保険会社によっても対応は変わってくるようです。

 

よって、カーナビが盗難されるなどした場合、次のカーナビを購入するのは、保険会社の担当者にいくら保険金が支払われるのかを確認した後のほうがいいかもしれませんね。

 

<参考>
スマートフォンをカーナビ替わりに使用する人もいるようですが、上記のとおり車に定着された状態で使用されるものではありませんので、補償対象外となります。

 

補償関連の質問一覧に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2018年11月14日