保険期間途中で自動車保険の乗り換え(保険会社変更)はできるか

保険期間中に保険会社の変更はできるのか

保険期間の途中に保険会社を乗り換える場合でも、今までの等級を引き継ぐことは可能なのでしょうか。

現在加入している自動車保険を解約して、
違う保険会社で加入した場合でも、基本的に等級継承は可能です。
このような契約の形態を「中途切替」と呼んでいます。

 

ただし、中途切替の契約には注意点がいくつかあるので紹介しておきます。

解約返戻金は日割り計算ではない

解約をしたとしても日割り計算して残り期間分が返金されるわけではありません。
月払いしていた場合、例えば1ヶ月半で解約したとしても、2ヶ月分の保険料となり、半月分の返金はされません。

 

年払いの場合は、短期率という数字を使い解約返戻金が計算され、例えば、半年で解約したとしても、半分返金されるのではなく、30%しか返金されません。

 

よって、少し保険料が安くなるからという理由で保険期間途中で保険会社の乗り替えをしても、この部分で逆に損してしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

関連記事:自動車保険を途中解約すると返戻金はあるのか

 

解約日と始期日を合わせる必要がある

今まで加入していた保険の解約日と、始期日を合わせる必要があります。
もし、解約日と始期日が8日以上あいてしまったり、解約日が始期日よりも後になってしまうと、今までの等級が引き継げなくなってしまうからです。

 

当然、今までの保険会社での解約手続きと、
新しい保険会社の契約手続きは自分で行う必要があります。

 

上記のように等級が引き継げなくなるというリスクが存在しますので、
中途切替するときには、手続を慎重に行うようにしてください。

 

等級の進みが遅くなる

例えば、半年で保険会社を変更してしまった場合、
その半年の無事故実績が無駄になり、等級の進みが遅くなってしまいます。

 

つまり、同じ保険会社で保険使用することなく、1年間続けていれば、等級が1つアップするわけですが、保険会社を変更してしまうと、さらに1年間無事故で過ごさなければ、等級が上がらないのです。

 

ただし、新しく契約する保険会社に
「保険期間通算特則」というものがある場合は例外です。

 

この特則がある東京海上日動損保ジャパンなどの一部の保険会社では、
中途切替により等級の進みが遅くなるということを回避することができます。

 

下記のように、旧保険期間と新保険期間をあわせて1年間となるような短期契約にして、
その短期契約の満期日で等級が上がるようにできるのです。

 

<通常の中途切替>
前保険期間:H25/10/15〜H26/6/15(途中解約)
新保険期間:H26/6/15〜H27/6/15(1年契約)
⇒等級が上がるのはH27/6/15

 

<保険期間通算特則がある保険会社への中途切替>
前保険期間:H25/10/15〜H26/6/15(途中解約)
新保険期間:H26/6/15〜H26/10/15(短期契約)
⇒等級が上がるのはH26/10/15

 

<補足>
保険期間中に等級が下がる保険使用があった場合は、
満期まで続けても、中途切替をしても、
どちらにせよ新契約の始期日時点で等級は下がりますので同じです。

 

関連記事:無駄なく格安な自動車保険に加入するための6つのポイント

 

等級に関する質問一覧へ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2017年10月19日