自動車保険の乗り換えの時、嘘の等級を申告したらバレるか

保険会社を乗り換える際、嘘の等級を申告してもバレないのでは?

自動車保険の保険会社を変更するときに、前保険の情報を申告しますが、その時に嘘の高い等級を申告したら、バレずにそのままの等級で契約できてしまうものなのでしょうか。

虚偽の等級申告について説明する男性

保険会社によっては、契約前に前保険証券を見せる必要がありますので、それを偽造しない限りは難しいとは思います。

 

でも、通販型の自動車保険では、契約者の口頭やPC入力による申告だけで、証券の確認を省略することが多いため、嘘の等級でも契約はできてしまいます。

 

ただし、自動車保険には、保険会社同士で必要に応じて契約内容などを共有する制度があります。契約を締結した保険会社は、必ずそのシステムで前契約情報を確認するため、その時点で等級の嘘はバレてしまうのです。

 

だいたい契約してから1ヶ月前後たった頃に発覚するのですが、もちろん、その時点で等級は訂正され、追加の保険料も請求されます。

 

中には、自分が嘘をついていたり、間違えたにも関わらず、
「今さら追加で払えなんておかしいだろう!」と文句を言って、
その等級訂正に応じない契約者もいるのですが、
そんな場合、保険会社はその契約を解除することになります。

 

また、訂正される等級によっては、
補償内容の変更もされる可能性があります。

 

保険会社によって、等級に応じて補償内容の制限がかかる場合があります。
例えば、4等級以下だと車両保険はつけられないとか、
6等級以下の場合は、車両保険の免責金額をゼロにはできないとかです。

 

誤った等級で契約して、訂正された後に、補償内容の制限がかかる等級になった場合に、
等級だけではなく、補償内容もその制限に応じて訂正されることがあるのです。

 

故意に違う等級を申告するというのは、
契約者の義務の1つである告知義務に違反することになります。
契約を解除されたり、事故があっても補償されなかったりする可能性までありますので、
必ず正しい等級を申告するようにしてください。

 

等級に関する質問一覧へ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2017年10月19日