自動車の任意保険の補償範囲は?どんな損害をカバーできるのか?

自動車任意保険の補償範囲

自動車の任意保険というのは、車を運転するにあたって生じる
様々リスクに対する複数の保険を組み合わせたものです。

 

保険は大きく分けて以下の4種類に分類することができ、これらを自分のニーズに合わせて組み合わせることで、あなたのカーライフを安心して過ごせるようにするものなのです。

 

自動車の任意保険の補償内容

 

他人に損害を与えてしまった場合の補償

追突事故

他人に損害を与えてしまった場合の保険として、「対人賠償」と「対物賠償」があります。

 

事故の相手がケガ・死亡してしまったような場合や、他人の物に損害を与えてしまった場合の賠償責任について補償するもので、任意保険の中でも一番重要な保険と言えるでしょう。

 

最低限、この2つの保険は「無制限」で契約することをオススメします。

 

関連記事:対人と対物を無制限にするべき理由は

 

自分の車に乗っていた人への補償

車に乗る女性

自分側への補償ということになります。自分の車に乗っていた人が自動車事故でケガ・死亡・後遺障害状態になってしまった場合の補償です。

 

人身傷害保険」をはじめ、「搭乗者傷害保険」「自損事故保険」などが契約車両の搭乗者に対する保険にあたります。

 

自分の車への補償

車両損害

車両保険と呼ばれ、自分の車が損害を被ったときの保険です。自動車事故による損害はもちろん、盗難・いたずら・落下物等といった、いわゆる走行外危険による損害も補償されます。

 

保険会社にとって一番リスクの高い補償となりますので、当然ながら、他の保険に比べて保険料も一番高くなります。

 

その他の補償

原付バイク

上記の保険にプラスして付帯することができるもので補償はさまざまです。

 

125cc以下のバイクでの事故に関する補償をする「ファミリーバイク特約」や、契約車両に積んでいた身の回り品の損害への補償である「車内身の回り品特約」、自分で弁護士を雇って示談交渉するときに使用できる「弁護士費用特約」などがあります。

 

 

 

まずは上記の「他人に迷惑をかけてしまった場合の補償」を一番に考え、
その後に「自分の車に乗っていた人への補償」をどうするか、
最後に「自分の車への補償」や「その他の補償」を付帯するかどうか、
という順で考えるといいでしょう。

 

もちろん、予算の関係もあるかと思いますので、
いくつかの補償パターンで見積もりをして、検討するといいのではないでしょうか。

 

関連記事:自動車保険のおすすめの補償内容は

 

「自動車任意保険の基礎知識」の目次に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2017年12月14日