追突事故で自車の修理代76万円。車両保険に入っておらず

追突事故で自車の修理代76万円。車両保険に入っておらず・・・

ハンドルネーム:kisaさん(40代 女性 広島県)
事故の時期:平成27年2月
加入していた自動車保険会社:ニューインディア保険会社

 

追突事故

つい先日、私の主人が事故を起こしました。信号待ちをして停止しており、青になったと同時にアクセルを踏もうとしたときに、ポケットからフリスク落ち、それを拾おうとしたところ、前の車は動いておらず(渋滞だったのかもしれません)、主人は拾うことに意識がいっておりアクセルを踏んでしまい、前の車にぶつかってしまいました。

 

いわゆるカマ掘り事故です。

 

幸い主人も相手の方も怪我はなく無事でしたが、
相手側の車は車の後方部分が少しへこんでしまい、
主人の車はエアバックが開き、ボンネットがかなりへこんでしまいました。

 

車の任意保険ですが、知り合いの関係で、
ニューインディア保険というインドに拠点をおく保険会社に入っておりました。

 

対人賠償保険対物賠償保険には加入しておりましたので、
相手側の念のための通院費、お車の修理などは保険でまかなえることになりました。

 

ただ、相手側のお車は年式が古いものでしたので、
かなりの額がかかると言われました。
対物超過にも入っておりましたので、それも何とかクリア出来ました。<※1>

 

問題は車両保険に入っていなかったことです。
ちょっとぶつかっただけ、という認識でしたが、
意外と主人の車の前方の損傷が大きかったようで、主人本人も驚いておりました。

 

エアバッグが開いてしまうと、
それだけで30万円も修理費がかかってしまうと初めて知りました。

 

そのほか、ボンネットやエンジンなどにも傷があり、
結局修理費は安くて76万円と聞かされ、目の前が真っ暗になりました。
車両保険にさえ入っていれば・・・と後悔しても遅かったです。
本当に車両保険は大切だったんだなぁと気づかされました。

 

保険会社の対応ですが、事故が起きてすぐに主人が保険の担当者に電話をしました。
すぐに対応します、とのことで安心しておりました。

 

相手のお方の名刺をいただき、
保険の担当者に相手の方の住所、氏名、電話番号等をお知らせしました。
あとは、保険会社の方に対応をおまかせしようと思っておりましたが、
どうしても相手のお方に謝りたくて、翌日、主人と私は相手のお方の家に謝罪へ行きました。

 

すると、「あなたの保険会社から、まだ連絡がない。どうなっているんだ?」と言われてしまいました。すぐに担当に電話しましたが、席を外しているとのことだったので、保険会社の方に「相手のお方に連絡をお願いします」と伝言をお願いしました。

 

相手のお方には平謝りし、
「保険会社に再度連絡しましたので、すぐにご連絡を差し上げます」
と言って帰りましたが、2時間後、相手のお方から電話があり、
「まだあなたの保険会社から連絡が無い」と怒られてしまいました。

 

その後、担当者に電話し、ようやくつながったので
「早急に連絡をとってください」とお願いしました。

 

担当者は「お聞きしていた電話番号が間違っていたようです」と一言。
本当かどうか分かりませんが、
もっと早く対応することが出来たのではないかと困惑してしまいました。

 

相手とのスムーズなやり取りを一番望んでいるのに、保険会社の対応が悪いと、
こちらの印象も悪くなってしまいます。本当に困りました。

 

その後は、保険会社と相手とのやり取りはうまくいったようではあります。
この件が終わったら、保険会社変更を考えたいと思っております。
あと、車両保険には絶対に入ろうと思いました。
痛い目に合いましたが、勉強になりました。

 

<※1>
事故の相手の車の修理代が、その車の時価よりも高くなる場合、
対物賠償保険では、その時価額しか補償されません。
でも、対物超過修理費用特約があれば、
時価額を超過した額を最高50万円まで補償してもらうことができます。

 

<管理人追記>
事故の相手にすぐに連絡を取ってくれなかったのは困りましたね。
本当に電話番号が間違っていて、他の人に何回もかけてしまっていたのかもしれませんが、担当者はなかなか繋がらないのであれば、番号間違いの可能性もあるわけで確認するべきでしたね。

 

修理代76万円は大きかったですね。こういったケースを考えると、
車両保険は、保険料がかなり高くなるのでそれも考慮しないといけないのですが、
古い車でない限り、可能であれば付帯しておきたいものですね。

他の自動車事故の体験談も読む

 

トップページへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから