自賠責保険と任意保険を使うときは両方に請求が必要か | 自動車保険

自賠責保険と任意保険を使うときは両方に請求が必要か

保険金請求について説明する男性

例えば、車で歩行者を轢いて大怪我や死亡させてしまった場合、その賠償金を支払うためには自賠責保険だけでは足りないため、任意保険の対人賠償を使うことになります。

 

もし、自賠責保険と任意保険を同じ保険会社で契約していれば、その会社に事故の連絡を入れればいいのですが、別々の保険会社で契約していた場合は、両方に連絡が必要なのでしょうか。

 

実はこのような場合、
任意保険の会社へ連絡するだけで大丈夫です。

 

被害者の利便性などを考慮して、自賠責の保険会社へ連絡しなくても、保険金は自賠責の分も合わせて、任意保険の会社が支払ってくれる仕組みになっているのです。

 

もちろん、これは任意保険の会社が、
自賠責の保険金支払い分を立て替えているだけですので、
あとで自賠責のほうに請求して、立替分を回収することになります。

 

軽微な事故でも任意保険の保険会社への連絡だけでOK

車で歩行者にぶつかりケガをさせてしまった場合、
自賠責保険の補償だけで間に合うことも多くあります。

 

でも損害額というのは、示談交渉が終わってから決まることになりますので、
軽いケガで済んだような事故でも、自賠責ではなく、
任意保険の事故受付窓口に連絡してしまってOKです。

 

対人賠償を使う可能性がある事故になりますので、
保険会社が代理で相手との示談交渉などを行ってくれます。

 

そして示談が成立した結果、賠償金が自賠責の範囲内であれば、
任意保険の会社が、賠償金相当を立て替えて被保険者に支払い、
あとで自賠責に請求して回収するのです。

 

ただし、ここで注意点があるのですが、
「自賠責保険だけで済ませてください。絶対に対人賠償は使わないで!」
なんてことを最初に主張してはいけません。

 

任意保険の対人賠償を使うかもしれない事故という前提で、
保険会社は被保険者の代理で示談交渉を行うことができるのです。

 

でも、その対人賠償を使わないことになると、
それにより任意の保険会社は関係者ではなくなりますので、
弁護士法に抵触する恐れがあることから、示談交渉をすることができなくなりますし、
自賠責の保険金を立て替えることもできなくなります。

 

自賠責保険には示談交渉サービスがついていません。

 

このような主張をしてしまうと、自分で相手との示談交渉をすることになり、
保険金請求は自賠責の保険会社にすることとなるのです。

 

「自動車事故をおこしてしまった時の知識」の目次に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2017年10月19日