自動車事故の加害者は被害者の見舞いに行くべきか

事故の被害者のお見舞いは行くべきか

被害者へのお見舞いについて説明する男性

自動車保険のコールセンターでオペレーターをしているときに、「事故で他人にケガをさせてしまった場合、代わりにお見舞いに行ってもらえるんですか?」という質問を何回か受けたことがあります。

 

これに関しては、保険会社の事故担当者は被保険者の示談交渉で代理人を務めることになり、状況に応じて被害者と会うことにもなるので、それがお見舞いのような形になることも考えられるでしょう。

 

でも、こういう質問をしてくる人には、「自分が行くのは気まずいから、代わりに行ってくれないか?」という心理があるようなんですが、普通に考えてみて、それはどうでしょうかね。

 

それにあくまでも自動車保険についてくるのは「示談交渉サービス」であって、
「謝罪代行サービス」ではないんですよね。

 

仮に保険会社の事故担当者が謝罪してくれたとしても、
もし自分が被害者だったとしたら、加害者本人が見舞いに来なかったら頭にくると思います。

 

実際、加害者本人が見舞いに来ないということで、
被害者が誠意がないと怒り、示談交渉が長期化する案件も多いのです。

 

昔は自動車保険には示談交渉サービスがついていなかったため、
こういう案件はあまり多くはなかったようです。

 

でも、示談交渉サービスができてから、すべて保険会社がやってくれるものだと考え、
事故以降に一度も被害者と会わないような加害者が増えてしまい、
事故担当者も、それを原因とした示談交渉の長期化で苦労することが多くなったそうです。

 

もちろん、相手が悪ければ本人が行くと危険な場合もありますし、
本人もケガをしていることもありますので、そこはケースバイケースではありますが、
普通は当たり前の礼儀として、本人がお見舞いに行くべきでしょう。

 

ちなみにこれは人身事故だけに限ることではありません。
他人の物を壊してしまった場合も、他人に迷惑をかけたことにかわりありません。
その場合にも、お詫びの連絡や訪問はしたほうがいいでしょう。

 

ということで、
万が一他人に迷惑をかけてしまうような事故をおこしてしまった場合は、
事前に保険会社の事故担当者と、注意点やタイミングなどを相談したうえで、
できるだけ早く、お見舞いには行くようにしましょう。

 

なお、事故担当者からも言われるとは思いますが、
お見舞いに行った際に、示談に関わる話をしてはいけません。
相手から示談に関することを言われたら、保険会社に一任している旨を説明してください。

 

勝手になにかしらの口約束をしたり、念書を書くなどしてしまうと、
後々、大きなトラブルに発展する可能性が高くなりますので注意しましょう。

 

「自動車事故をおこしてしまった時の知識」の目次に戻る

 

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2017年12月22日