元旦の早朝にバッテリー上がりでロードサービスを利用

元旦の早朝にバッテリー上がり発覚・・・当サイト管理人の体験談

ハンドルネーム:TAK(30代 男性 東京都)
ロードサービスを利用した時期:2009年1月
自動車保険会社:ソニー損保

 

 

あれは正月元旦の早朝3時頃。妻と九十九里海岸へ初日の出を見に行こうとしたときでした。
駐車場に行き、車のエンジンをかけようとキーを差し込み回したのですが、ウンともスンともいわないのです。

 

こういうとき、まず疑わしいのはバッテリー上がりなんですが、
前回運転したときを思い出してみると、心当たりがありました。。
エンジンを切って車を降りる前に、バッグの中から探しものをするために、
夜だったのでルームランプをつけたんですよね。で、そのまま消すのを忘れたと思われる。。

 

「正月早々ツイてないな〜」
「こんな元旦の早朝に申し訳ないな〜」なんてことを考えながら、
仕方なく自動車保険に加入しているソニー損保のロードサービスの窓口に連絡。

 

で、オペレーターが最初にやることは顧客認証をして、
契約者であることを確認する作業になるのですが、その瞬間、ヒヤっとしました。
実はたまたまその時は車に証券を積んでいなかったのと、
契約者は父親が経営している法人名義になっていたからです。

 

まあ証券番号が分からなくても、契約者名と電話番号or生年月日が分かれば、
どこの保険会社でもだいたいOKかと思うのですが、会社の電話番号を私は分からなかったし、
法人契約だから生年月日なんてないので、私が分かるのは、契約者である法人名だけということ。。

 

これはもしかしたら顧客認証できずに、受け付けてもらえないかもしれないぞって心配しつつ、
状況を話したらどうってことなくて、登録番号(ナンバープレート)が分かれば大丈夫とのこと。
もちろん、車は目の前にありますから、すんなり受け付けてくれたんです。

 

正直、私は受け付けてもらえなかったらどうしようという思いで焦っていたんですが、
オペレーターが落ち着いて、すごく感じの良い対応をしてくれたんで嬉しかったですね。

 

そして、元旦の早朝では、さすがに業者の人も現場に到着するのは
時間がかかるだろうなって思ったら、意外にも25分程度で着けそうですとのこと。
で、実際に到着したのは15分弱。元旦の早朝のこの早さには驚きました。

 

バッテリー上がりですから、来てもらえばあとは簡単です。
ジャンピング作業をしてもらってエンジンがかかり、ほんの3分程度で作業は完了しました。

 

初日の出は間に合わないだろうな〜って半分諦めていたのですが、
迅速な対応のおかげで、綺麗な初日の出を見ることができました。
初日の出

 

ツイてないな〜と最初は思ったのですが、来てくれた業者の人もとても感じ良く、
いろいろ説明もしてくれて良かったし、最終的には暗い気持ちは吹っ飛んで、
むしろ良いサービスを受けることができて気持ちが良かったです。

 

他のロードサービス体験談も読む

 

トップページへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから