遠出中に車が故障したり、事故に遭ってしまった場合のロードサービス

遠方で事故や故障に遭ってしまった場合

車同士の事故

もし、車で遠方に出かけていたときに事故にあってしまったり、車が故障してしまった場合、ロードサービスが自動車保険についていたとしても、さすがに自宅近くのディーラーや修理工場まで搬送してもらうのは、すべて無料とはいかない場面も考えられます。

 

保険会社によって無料搬送距離は違いますが、
多くの会社が30kmから50km程度になっており、
それを超えてしまうと、1kmあたり500円前後の費用がかかってしまいます。

 

例えば、無料搬送距離が30kmの保険会社のロードサービスで、
100km離れた自宅近くの修理工場に運んだとすると、
超過した70kmに関しては有料になりますので、
1km500円だったとすると、35,000円もかかることになってしまうのです。

 

数キロオーバーであれば大丈夫でしょうけど、
長距離の搬送が必要となると、大きな金額になってしまいます。
この搬送費用以外に車の修理費等もかかるわけですから、大きな出費になってしまいます。

 

現場近くの修理工場に入庫する

どうしても自宅近くまで運びたいというわけでなければ、現場の近くの修理工場へ入庫するのが無難です。多くの保険会社では、一定基準を満たした修理工場と提携しており、希望すればそこを紹介してくれますので、そちらに入庫するといいでしょう。

 

保険会社の指定修理工場に入庫するのであれば、工場までの搬送は無料となったり、修理完了後の納車を無料でしてくれたりというサービスを受けられるところもありますので、特に自宅近くにこだわらないのであれば、そこを利用するのが良いかと思います。

 

車両保険を使えば搬送費用も補償される

実は、車両保険を付帯していれば、自力走行不能となる事故をした場合、保険金額の10%もしくは10万円の高いほうの金額を上限として、搬送費用が保険金として支払われます。(注1)

 

  • 車両保険金額:300万円
    ⇒搬送費用を上限30万円まで補償
  • 車両保険金額:50万円
    ⇒搬送費用を上限10万円まで補償

 

ですので、ロードサービスで無料搬送距離を超える搬送を行った場合、一時的に超えた分の費用の立て替えが必要になるかもしれませんが、車両保険を使えば、上記のとおり保険金として搬送費用が支払われるというわけです。

 

(注1)一部対象外となる保険会社もあります。

 

他のロードサービスも利用する

最近はクレジットカード等のカードの契約をすると、自動的にロードサービスがついてくるものもあります。もし、そういったカードを持っているのであれば、そのロードサービスと自動車保険のロードサービスを両方使うという手もあります。

 

例えば、クレジットカードについているロードサービスで無料範囲(10km程度が多いようです)だけ運んでもらい、そこから自動車保険のロードサービスを呼んで、さらに運んでもらうということです。

 

2つのサービスを順番に使うことになりますので面倒ですし、時間もかかると思いますが、無料搬送距離を10キロ以内で超えるようなケースでは、この手を使って、すべて無料で搬送してもらうのもアリかなと思います。

 

ただ、この手を使うには、日ごろから自分が使えるロードサービスが他にあるのかを把握しておく必要がありますね。

 

「ロードサービスについて」の目次に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2017年10月19日