なぜ通販型の自動車保険の保険料は安いのか?理由は?

なぜ通販型の自動車保険が安いのか

なんで通販型の自動車保険って、代理店型よりも保険料が安いのでしょうか。

自動車保険を販売する保険会社は、
販売方式の違いにより2つのタイプに分けることができます。

 

  • 代理店型・・・代理店が保険を販売する
  • 通販型・・・主に通信販売にて保険を販売する

 

契約の条件などによっても違ってきますが、
この2タイプのうち、保険料が安いのは通販型の自動車保険になります。

 

なぜ通販型自動車保険が、代理店型に比べて保険料が安くなるのか、
主な理由について書いていきたいと思います

 

代理店がないから

これが一番大きな理由となります。

 

代理店型の自動車保険の場合は、保険会社ではなく代理店が販売活動を行っています。
よって、それらの代理店に対して販売手数料を支払う必要があるのです。

 

でも、通販型の自動車保険は、基本的には電話やインターネット等を使い
保険会社が直接通信販売を行っているため、代理店に支払う手数料分を浮かすことができます。そのため、その分保険料を安くすることが可能となるのです。

 

媒介代理店について

最近は、デパートなどに保険ショップがあり、
そちらでも通販型の自動車保険を扱っています。
これは媒介代理店という位置づけになっています。

 

通常の代理店ですと、保険の説明はもちろんのこと、
申込や異動の手続、保険料の領収なども行うことができるのですが、
媒介代理店ですと、保険の紹介行為ができるだけ。
契約手続きや保険料の支払いは、保険会社と直接行うことになるのです。

 

この媒介代理店の場合、できることは保険の見積もりや紹介までとなりますので、
当然、保険会社が支払う販売手数料は少なくて済みます。

 

よって、一部代理店での保険販売があったとしても、
通販型のほうが保険料を安くすることが可能となるのです。

 

引き受け制限が厳しい

 

代理店型に比べて、通販型の自動車保険は、契約の引受制限が厳しくなっています。

 

例えば、

  • 低い等級の場合、車両保険の付帯ができない。付帯できても免責金額を0にできない
  • 事故多発者は契約できない
  • 1〜2等級の場合は、対人賠償保険しか引き受けてくれない
  • 6A等級の場合は、車両保険を付帯できない    etc....

 

保険会社によって、制限内容は様々ですが、
リスクの高い契約者の補償内容を制限したり、引き受けないことで、
保険金支払いを減らし、保険料を下げることに繋げているのです。

 

WEB申込による割引

通販型の自動車保険は、WEBサイトから申し込みをすることで、
インターネット割引が適用されます。

 

見積もりから、申し込みまですべてをインターネットで行ってもらうことで、
保険会社は手続きの大部分を自動化することができます。
それによって、経費が浮きますので、割引することが可能となるわけです。(注1)

 

年間保険料が1万円も割引になるところもありますので、
保険料を安くするための大きな要素と言えるでしょうね。

 

(注1)
なかには、ネット申込により節約できる経費以上の
割引をしている保険会社もあるかとは思います。

 

関連記事:インターネット割引・・各社の割引額を比較

 

まとめ

通販型は安いから、事故対応が悪いと思っている方も多いようです。
でも、安い理由は事故対応の品質を下げて、お金を浮かしているのではなく、
上記のような違いがあるからなんですね。

 

唯一、代理店型だと代理店が事故現場に来てくれることもあるけど、
通販型だと誰も来てくれないという部分が心配な人もいるかと思います。

 

でも、最近は通販型の自動車保険でも、
提携している警備会社の隊員が、現場に駆けつけてサポートしてくれるものもありますので、
心配な人はそういった保険会社を選ぶといいのではないでしょうか。

 

<関連記事>

 

自動車保険の選び方の質問一覧に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2017年12月19日