事故で自動車保険を使ったら等級は必ず下がるのか

保険を使ったら等級は必ず下がってしまうものなのか

保険を使うと等級が下がってしまうのは知っていますが、どんな場合でも下がってしまうものなのでしょうか。

事故で保険を使うと、基本的には次回更新後の契約は3等級下がってしまいます。
さらに新等級制度では、3年間は事故有等級の適用となり、
ただ等級が下がるだけよりも、さらに割引率は悪くなります。

 

ただし、下記のケースは例外です。
保険を使った原因により、1等級ダウンもしくはノーカウント扱いとなるのです。

 

1等級ダウン事故(事故有等級の適用1年)

車両保険」「車内身の回り品特約」のいずれかを使う事故、もしくは両方を使う事故で、これらを原因とするものは「1等級ダウン事故」となります。
1等級ダウン事故

 

ノーカウント事故(事故有等級の適用なし)

搭乗者傷害保険」「無保険車傷害保険」「人身傷害保険」だけを使用したり、
弁護士費用特約」「ファミリーバイク特約」などの特約のみ使った場合、
事故がなかった場合と同等に扱う「ノーカウント事故」となります。

 

ノーカウント事故の場合、保険を使用しなかった時と同等に扱われますので、
その他の保険使用がなければ、次回更新時に1等級アップすることとなります。

 

※保険会社によって特約の種類が異なりますので、
ノーカウント事故となる特約は、各社で異なります。

 

 

 

このように事故の種類や使用する保険によって、等級への影響が変わってきます。
損害額が大きい場合は迷わず保険を使えばいいかと思いますが、
損害額が小さい場合、次回の等級がどうなるかによって判断は変わってきます。

 

損害額が小さい場合は、保険会社の事故担当者としっかり相談して、
損をすることがないように保険使用の判断をするようにしましょう。

 

等級に関する質問一覧へ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2017年10月19日