自動車保険の長期契約(3年契約など)のメリットとデメリット

自動車保険の長期契約のメリットとデメリット

自動車保険の代理店の社員

自動車の任意保険の保険期間について」のページでも書いているとおり、任意保険の契約期間は1年契約が基本。

 

ですが、損保ジャパン日本興亜や三井住友海上などの代理店型の自動車保険では、2年以上の長期契約ができるところもあります。

 

このページでは、長期契約のメリットとデメリットについて紹介していきたいと思います。

 

<目次>

  1. 長期契約のメリット
  2. 長期契約のでメリット
  3. 保険料を節約したいなら通販型

 

長期契約のメリット

契約期間内は1年毎の更新手続きが不要

1年契約の場合、毎年契約更新の手続きが必要となりますが、
長期契約であれば、その分更新タイミングの間は空きます。
例えば、3年契約の場合は3年に1回の手続だけで済むということですね。

 

保険料は少し割引となる

短期契約と長期契約を比べると、やはり長期契約のほうが1日あたりの保険料は安くなります。
保険会社としても、短期間しか契約してくれないよりも、
長期間の契約をしてくれたほうが嬉しいので、その分割引するわけですね。

 

よって、1年契約と比べると、長期契約をした場合のほうが、
同じ保険会社内で比較すると、1年あたりの保険料は安くなります。

 

無事故前提の保険料計算

例えば、3年契約の場合、契約時に3年分の保険料が決まるわけですが、
それが事故なしを前提とした保険料となるのが特徴です。

 

つまり、仮に12等級での3年契約だったとすると、
保険料計算は「1年目12等級/2年目13等級/3年目14等級」として計算され、
保険期間中にこの保険料が変更されることはありません。

 

3年間事故がなければ、1年契約となんの違いもないのですが、
仮に1〜2年目に事故があり保険使用したとなると、下の表のような違いが出てきます。

 

1年契約と3年契約の事故有の等級比較

 

このとおり、1年契約の場合は翌年度の等級が下がりますので、
当然ながら保険料も高くなってしまいます。
でも、3年契約であれば、すでに3年分の保険料は決まってますので、
2〜3年目の保険料が上がらずに済むわけです。

 

保険期間中に保険料が変わることはない

上記のとおり、長期契約の保険期間中に事故があったとしても、
途中で保険料が変更になることもありませんし、
保険料の値上げがあったとしても、すでに契約しているものは関係ありません。

 

また、ゴールド免許割引がある保険会社での契約をしており、
保険期間中途中に免許の色が変更になった場合も、現契約には影響せず、
それが反映されるのは、次回の契約となります。

 

よって、保険料の値上げがあった時やゴールド免許からブルー免許に変わったときは、
長い保険期間中はその影響を受けずにいられますので、長期契約がメリットとなります。

 

でも、保険料値下げやブルー免許からゴールド免許になった場合は、
契約期間が長い分、なかなかその恩恵を受けられないというのがデメリットと言えるでしょう。

 

長期契約のデメリットは

自動車保険の証券

長期契約のデメリットというのはあまり大きなものはありません。保険会社としては、長期間の契約をしてくれて嬉しいわけですから、その分のメリットを付加しているという感じになりますので。

 

強いてデメリットをあげるとすれば、上でも書きましたが、保険期間中に免許の色がブルーからゴールドに変わったとしても、その割引を保険期間中は享受できないこと。

 

そして、契約者に有利なサービスや補償の変更があっても、更新時から適用となるケースがほとんど。なので、保険期間が長い分、変更後の契約になるまで時間がかかる可能性が高いということくらいでしょうか。

 

ただ、逆に免許の色がゴールドからブルーになったり、サービスや補償内容が縮小される場合も考えられますので、長期契約であることがメリットになるケースというのも考えられるのです。

 

保険料を安くしたいなら通販型に乗り換え

保険料を節約できて喜ぶ女性

ここまで書いてきたとおり、1年契約よりも2年以上の長期契約のほうが、同じ保険会社内で比較した場合は、保険料も安くなります。

 

さらに事故があった場合の等級ダウンのタイミングが遅くなりますので、その分有利です。

 

でも、これはあくまでも同じ保険会社で比べた場合ですし、長期契約を扱っているのは、代理店型の自動車保険だけです。

 

もし、保険料をできるだけ安くしたいというニーズがある方は、
長期契約に変更するよりも、通販型の自動車保険への乗り換えをおすすめします。

 

代理店型の保険会社と比べて、保険料がかなり安くなることが多いので、
まずは比較サイト「インズウェブ」などを利用して、
複数の保険会社の保険料の見積もりをしてみるといいでしょう。

 

そして、もし代理店型の自動車保険と比較しても、保険料があまり安くならないのであれば、
長期契約を検討してみるといいのではないかと思います。

 

⇒インズウェブの一括見積もりはこちらから

 

「自動車任意保険の基礎知識」の目次に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2017年12月16日