信号待ちの際に無責任な運転者に追突された事故

信号待ちの際に無責任な運転者に追突された事故

ハンドルネーム:黒いぬさん(30代男性 神奈川県)
事故の時期:平成12年6月頃
加入していた自動車保険会社:東京海上火災

 

江ノ島

もう十年以上前になりますが、大学4年生の時に当時の彼女と、夜中のドライブで江の島方面へ出かけていました。時間は確か1時頃だったと思います。

 

平日のその時間は車の通りも少なく、交差点で信号待ちをしていた時に後ろから追突されました。事故相手の女性は携帯をいじっていたようでした。

 

私の車は、見た目には軽くバンパーが全体的にへこんだていどでしたが、
相手の車のボンネットは衝撃でボンネットがひん曲がっていたので、
そこそこのスピードは出ていたと思います。

 

警察を呼んでお互いの連絡先を交換しましたが、
相手の女性は私の車の様子を見て
「これなら修理するほどでもないから保険を使う必要はないですね」
と無責任なことを言っていました。

 

後日、保険会社に被害者である私から連絡して、
修理代や、首に違和感があったので検査のための通院費などの話もしました。
相手の保険会社も私が加入していた東京海上だったので話はとてもスムーズに進みました。

 

細かな金額までは覚えていませんが、
見た目がひどくなかった私の車の修理代は25万円ほどかかったと思います。
私と私の彼女は7〜8回程度むち打ちのためのリハビリ通院をして、
相手側から医療費の全額と、その間に休んでしまったアルバイトの休業損害、
一通院あたりに出る慰謝料をもらいました。

 

自分の保険からも一通院1万円の保険に加入していたので、
車の修理代以外に一人15万円ほど頂いたと思います。

 

事故をした時は相手の対応がとても悪く、
まだ学生だったので事故や保険に対しての知識が少なくて心配になりましたが、
東京海上の早くて親切な対応のおかげで、
ストレスを感じることもなく日常生活を送ることが出来ました。

 

実際事故を経験して感じたことは、自分が納得の保険会社に加入していても、
事故相手の保険会社が良いかどうかはわからないということです。

 

この事故の場合にはたまたま同じ東京海上だったのが不幸中の幸いでしたが、
こんなに簡単に納得できる対応をしてもらえないケースもあるんではないかと少し心配してしまいます。

 

<管理人追記>
相手が自分が加入している会社と違う保険会社だった場合は、
保険会社の担当者同士で示談交渉をすることになります。
相手によっては治療費などにケチをつけてくる等の可能性もあり、
同じ保険会社だった場合に比べると、スムーズに行かないケースも考えられますね。

他の自動車事故の体験談も読む

 

トップページへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから