マンションの機械式駐車場に入庫時の物損事故

マンションの機械式駐車場に入庫時の物損事故

ハンドルネーム:りょうさん(30代後半 男性 東京都)
事故の時期:平成25年1月頃
加入していた自動車保険会社:ソニー損保

 

駐車場

2013年1月、正月の時期の事でした。いつもの様に自家用車で買い物に出かけて帰ってきて、自宅マンションの機械式駐車場に入庫するために待っていました。

 

その間、左後方のドアを開けて、買い物袋などの荷物を慌しく出しては運んでいました。

 

そうこうするうちに入庫パレットが到着したので急いで運転席に座り、バックで入庫し始めたところ・・・
「バン!」という鈍い衝突音と衝撃が!

 

聞いたことの無い音に驚いて停車し、何事かと周りを見渡すと、
入庫前に荷物を運び出していた左後方のドアが開いたままでした。。

 

えっ!と思って外に出て左後方に移動してみると、
開けっ放しのドアが隣のパレットに駐車している車に、
思い切り衝突している状態で、相手車右側のドア2枚に大きなへこみと擦り傷が…

 

正月早々かなり落ち込みましたが、
ひとまず相手の方とお話して連絡先をお伺いした後に、
契約していたソニー損保の対応窓口に慌てて電話しました。

 

相手が居る物損事故は初めてだったため、かなり焦っていたと思いますが、
電話対応の方には、非常に丁寧に事故状況をヒアリングして、
今後のお話をして頂けたため、この時点でかなり不安感を解消することが出来ました。

 

事故対応担当の方が決定した後に相手の連絡先を伝えると、
その後は、自分と相手との間にソニー損保に入って頂いて
対応を進める手筈がすぐに整いました。

 

相手と今後の段取りを決定する所まで迅速に進めて頂き、
相手の方が自動車ディーラーに連絡して修理に出し、
代車手配まで含めてソニー損保にご対応頂きました。

 

相手の方は同じマンションの居住者ということもあって、
直接お話も何度かしましたが、ソニー損保には「全てもちます」
と言って頂けた様で非常に安心して落ち着いていられる様でした。
これにはすごく安堵しました。

 

その後、相手の方の修理が終って通常の生活に戻るまでフォロー頂き、
支払いが完了した時点で今回の事故対応が完了しました。

 

正月早々、対人ではなく対物であるにせよ、
自損事故ではなく相手が居る事故を起こしたということで
非常に落ち込みうろたえましたが、ソニー損保に安心感のあるご対応をして頂いた事で、
ショックを引きずることなく新年を迎えることが出来て非常に感謝しています。

 

<管理人追記>
事故対応をしっかりしてもらえるというのは、やはり大きいですよね。特にこのケースのように損害を与えてしまった相手が、同じマンションの住居者の場合、ただでさえ気まずいのに、保険会社の事故対応によっては、気まずさが倍増してしまうことだって考えられますからね。

他の自動車事故の体験談も読む

 

トップページへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから