自動車保険のロードサービスは不要でも自動付帯されることが多い

ロードサービスは自動車保険に自動付帯されていることが多いが・・・

昔はロードサービスといえば「JAF」でしたが、
今では自動車保険に加入すれば、多くの保険会社でロードサービスが自動付帯されています。

 

よって、JAFに加入していない人でも、自動車保険に入ってさえいれば、
事故や故障のときに一定の範囲であれば、保険会社のほうでレッカー業者等を手配して、
無料で応急対応や搬送のサービスを提供してくれるわけです。

ロードサービスが自動付帯ではない保険会社もある

ロードサービスを解説する男

注意しなければいけないのは、自動車保険によっては自動付帯ではないところもあるということ。

 

ロードサービスって、トラブルの際にすごく役に立つ便利なサービスなのですが、JAFにすでに加入している人や、そこまでのサービスはいらないという人にとっては余計な物だったりもするわけです。

 

自動付帯している保険会社は、無料で付帯されるサービスだと案内したりしますが、当然、このサービスを提供するためには大きな経費が必要となるため、確実にその経費分を保険料に乗せて回収しています。

 

ロードサービスが不要だという人にとっては、
余計な保険料を払わされていることになるわけですね。

 

そこで、最近はロードサービスを付帯するかどうかを選べるようにして、契約者が希望しなければ、自動車保険に加入してもロードサービスがつかないという保険会社も出てきています。

 

また、車の搬送や応急対応のロードサービスは自動付帯で、レンタカーや宿泊・帰宅費用のサービスも追加したい場合は特約を付帯する必要がある保険会社もあります。

 

よって、ロードサービスが不要だという人はいいのですが、ロードサービスが必要な方は十分注意してください。上記のとおり、保険会社によっては自動付帯ではないこともありますから。

 

契約の際は、必ずロードサービスが付帯されているのかチェックするようにしましょう!

 

「ロードサービスについて」の目次に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから

最終更新日:2017年10月19日