冬の北海道でバッテリー上がりによるロードサービス利用

冬の北海道でバッテリー上がりによるロードサービスを利用

ハンドルネーム:ゆみさん(40代 女性 北海道)
ロードサービスを利用した時期:2008年1月
自動車保険会社:ソニー損保

 

 

バッテリー上がりで困る女性

東京から引っ越し、北海道で暮らすようになって3年目のことでした。冷え込みのきつかった1月の寒い朝、私は外出しようと愛用の軽自動車に乗り込みました。

 

そしてエンジンをかけようとしたところ、「あれ? おかしいな」。セルがキュルキュルというだけで、エンジンがかからないのです。

 

当時私は実母と同居していたので、
玄関から母に「エンジンかからないんだけど」と叫びました。
母いわく「バッテリー上がったんじゃないの?」。
そうか、これがバッテリー上がりというヤツか。

 

私は今までそんな経験がなかったので、焦りました。
夫は車に詳しいのですが、仕事に出ており、すぐには連絡もつきません。

 

「JAFとか入ってんじゃないの」と母に言われて、
「あ、ロードサービスという手があったか」と思いました。
確かに、私は通販型の自動車保険に入っており、ロードサービスもついていました。

 

でも、出先ではなく、車は自宅の前です。
それでも対象になるんだろうか。
そう思いながら、保険会社に電話してみました。

 

すると、保険会社のオペレーターさんが、
「はい、大丈夫です。お伺いします」と親切に応対してくれました。

 

電話をして15分くらいで、サービスの担当の方が来てくれました。
すぐに来てくれたのでびっくりしました。

 

保険会社の方なのかと思ったらそうではなく、
その保険会社と提携している地元の整備工場の方だそうです。
すぐに車をチェックして、何やらケーブルのようなものをつなぎ、作業を始めました。
ほどなく、私の愛車はエンジンがかかるようになりました。

 

ああよかった、助かった!と思いました。
このあたりは田舎なので、車でなければどこにも行けませんから…。

 

「ここ最近、エンジンをかけるときの音が、おかしくなかったですか?
音が弱いとか、エンジンの始動に時間がかかるとか」

 

サービスの担当者の方に尋ねられました。

 

「そういえば、ちょっとキュルキュルいう時間が長かったです」と答えると、
「ああ、それじゃバッテリーも弱ってたんですね」とのことでした。

 

私の住む街は北海道の中でも気温の低い地域にあります。
担当の方によると、バッテリーは寒さに弱く、
とくにマイナス10度を下回るようなこんな寒い朝には、
バッテリー上がりはよくあるんですよ、とのことでした。

 

北海道での暮らしはいろんなことがあるなぁ、と思いました。

 

<管理人追記>
多くの保険会社では、自宅駐車場でのトラブルもロードサービスの対象となりますが、
一部の保険会社では対象外となるところもあるので注意しましょう。

他のロードサービス体験談も読む

 

トップページへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから