高速道路トンネル内でパンクしてロードサービス利用

高速道路トンネル内でパンクしてロードサービス利用

ハンドルネーム:tomato49さん(40代後半 女性 高知県)
ロードサービスを利用した時期:2013年3月
自動車保険会社:セゾン自動車火災保険

 

 

トンネル

その日、私は子供2人を乗せて、実家の法事に間に合うように、高速道路を運転していました。高速に入って15分も運転した頃、長いトンネルの中で変な音がするのに気が付きました。

 

最初は、トンネルの中なので他の車の走行する音だろうと気にしませんでしたが、そのうち振動が起き、どうも自分の車がどうにかなっているに違いないと気が付くと突然ゾッとしました。

 

子供も乗せているし、とにかくどこかへ止まるべきと判断し、
トンネルを出てすぐに路肩へよせ停めました。
高速道路で路肩に車を止める事は初めてで、
運転席の扉のすぐそばを高速でビュンビュン車が通って行きます。

 

息子が、変に興奮して車から降りようと扉を開けかけたのを
「外に出たら絶対にダメ」と大声で怒鳴りつけ、
とにかく落着けと自分に声に出して言い聞かせました。

 

多分、音と振動から右の後輪がパンクしたのだろうと見当をつけ、
後続車が途切れたのを見計らって扉から体半分突き出して確かめるとやはりそうでした。

 

こんな時に主人もいないし、パンク修理をしたことはないし、
こんな場所で車から降りたくもないし、法事の時間もあるし、
私はパニックになりそうでした。

 

子供たちが、普段ない出来事に興奮して大はしゃぎしているのをたしなめ、
落着け落着けと、またも自分に言い聞かせながら自動車保険の連絡先を探しました。

 

電話をすると、コールセンターの女性がまず私や子供たちの安否を尋ねました。
丁寧で優しく、的確に現在地や今の状況を聞かれている内にだんだん私は落ち着いてきました。

 

私が落ち着いたのを確かめて、
出来るだけ早く修理の業者を向かわせる旨を告げて女性は電話を切りました。

 

でもまた、不安が押し寄せてきました。
田舎のことで、保険会社と提携している業者は近くにはいないのではないか、多分30〜40分はかかるだろう、傍らを車がビュンビュン通るたびに乗っている車が揺れる・・・。

 

でも意外にも、10分ほどで業者さんは到着しました。
的確に素早く作業してくれ、仮払いのお金も必要ないとの事でした。

 

すぐ実家に向けて出発しましたが、あとから考えてみると、
私が保険会社に電話してから出発するまで30分もたっていませんでした。

 

実はこの自動車保険会社は、以前の保険会社から2週間前に替えたばかりでした。
しかもこの保険は、自由に補償を組み立てられるので、
ロードサービス加入を迷った経緯があったのですがが、
入っていて本当に良かったと心から思った出来事でした。

 

<管理人追記>
高速道路でパンクとはかなり危険な状況でしたね。
すぐに路肩に寄せることで事故に至らず、なによりでした。

 

このケースは子供が同乗していて、大はしゃぎしてしまってるという状況があり、
そこを考慮すると微妙ではありますが、車の中で待っていたという点が気になりました。

 

路肩の幅にもよるかとは思いますが、
高速道路に路肩とはいえ停車するのは、追突事故の危険性が高い状況です。

 

よって、このようなケースでは、ハザードランプを点灯、
車の後方に三角表示板、発煙筒を置くなどして、
後続車に停車している車があることを知らせたうえで、
車の後ろ方向のガードレールの外側など、安全な場所に避難したほうがいいでしょう。

 

もちろん車から出る際は、車道側のドアから出るのは大変危険ですので、
できるだけ路肩側のドアから車の外に出るほうがいいでしょうね。

他のロードサービス体験談も読む

 

トップページへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから