突然サイン音が鳴りエンジン停止してロードサービスを利用

突然サイン音が鳴りエンジン停止してロードサービスを利用

ハンドルネーム:ポポちゃん(42才 女性 青森県)
ロードサービスを利用した時期:2007年1月
自動車保険会社:AIU保険会社

 

積載車

私は、2007年1月にAIU保険会社で契約しているロードサービスにお世話になりました。現在はもう別の車を所有していますが、その当時は、トヨタのハイラックス・サーフという割と大きめの車を乗っていました。

 

ある日の事、私は、小学生と中学生の子供2人を乗せてデパートへと買い物に向かう走行中、
前を走っている黒色の軽自動車が、若い男女のカップルと思われる様子で、
走行しながらいちゃいちゃとキスをし、蛇行運転をしているのがやたらと目に付き、
「邪魔だな〜」と、私達3人で少しイラつくような会話をしていました。

 

それから、路上の黄色いセンターラインが終了したところで、
私はアクセルを強く踏み、その軽車両を追い越そうとしました。

 

そして、今にも追い越すまいと互いの車両同士が並び掛けたその時です、
「ビー」と言う何かの故障を知らせるサイン音が鳴ったと思ったら、
私の車のエンジンが止まってしまい、全く反応が無くなってしまいました。

 

私は、かろうじて路肩へと停める稼動の余韻はあったものの、
曜日は日曜日という事もあり、行きつけの修理工場も休みだったので、
「まずはどうしたら良いのか?」という現実を必死で考えました。

 

私には夫がいる身分でもなく、他に頼る親兄弟も近くには居ない状況でしたので、
まずは友達に電話をし、そこで初めて、友達から「保険屋のロードサービスは?」と勧められ、
ダッシュボードから引っ張り出した自分の加入する保険会社の封筒に記載されてある
ロードサービスへと連絡を入れました。

 

そして、私が契約をしていたAIU保険会社へと電話を掛け、
オペレーターと思われる親切な女性の対応に促され、
私達は、車を停止している近隣からレッカー車で駆けつけてくれるという業者を、
故障した車内で約1時間程待ちました。

 

レッカー車の業者の方々が駆けつけて下さってからは、トントンと事も早く進み、
そのままトヨタのディーラーへと私のサーフを入庫して下さり、
その業者の方々が私達3人を自宅へと送って下さいました。

 

結局、車が故障となった原因は、
エンジン内にある水タンクのような物が破損した為にエンジンが停止し、
それと同時にタイミングベルトまでも切れてしまったと言う結果を聞かされ、
修理費用は42万円も掛かるとの事でした。

 

それまで、私はそういったロードサービスと言うシステムを利用した事は無かったのですが、
昨年(2013年)、19歳になった娘の軽自動車のシフト関連である
コンピューター制御が故障し、路上で全く動かなくなった車を、
同じAIU保険会社のロードサービスを使用して運んでもらった事もありました。

 

これは本当に便利なシステムだと、私と娘と共々に絶賛しています。
せっかく車両の損害保険という契約に付随しているこのサービスならば、
私達はもっと早くに知り、もっと有効的に活用すべきだったと今でも思っています。

 

このような便利な働きを持つ日本の保険会社を、私はとても誇りに思っています。
特に、AIU保険会社では「無料ロードサービス」と謳っていましたので、
このレッカーサービスの業者へとは、私達は1円も支払わなくても済んでいるのです。
本当に、感謝感謝でいっぱいです。

<管理人追記>
ロードサービスって本当に頼りになるサービスですよね。
もし、このサービスがなくて全額有料だったとすると、普通に数万円支払うことは覚悟しないといけませんし、遠方でのトラブルだった場合は、10万円を超えてしまうことも十分考えられます。しかも、レッカー業者も自分で手配しないといけないわけですから、途方に暮れてしまいますよね。

他のロードサービス体験談も読む

 

トップページへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから