雪道でスリップして道路脇に脱輪

雪道でスリップして道路脇に脱輪/みかんさんの体験談

ハンドルネーム:みかんさん(40代 男性 北海道)
ロードサービスを利用した時期:2013年12月
加入保険会社:SBI損保

 

雪道

あれは2013年の12月のこと。雪道を走行中、カーブを終えて切り返した時におしりが振れて車が1回転し、道路脇に脱輪して車は土手に斜めになって止まりました。

 

自力で脱出することが出来ずに、JAFを呼ぼうとした時に保険会社のロードサービスがある事に気づき、すぐに電話してオペレーターに事情を説明。まず気遣って下さったのが、怪我は無いか、同乗者も無事かと言うことで配慮があると思いました。

 

「すぐにレッカー車を現場に手配します。」と素早い対応で話が進み、
その後、近くの郵便局で待機していることを伝えました。
現場は山の中の田舎の村の道でしたので、
レッカー車が来るのも時間がかかるだろうと思ったからです。

 

折り返し電話があり、レッカーは30分ぐらいで到着するとのことでした。
提携業者が全国にいて、すぐに出動出来る体制があるのだという事が分かりました。

 

その時に確認されたのが、車の状態でした。
自走出来そうなのか、4本のタイヤ全てが道から外れているのか、
4本のうち1本のタイヤだけでも、道に残っていれば脱輪扱いで無料となるが、
残っていないようであれば、引き上げとなり有料になるかもしれないとのこと。
とにかく現場で業者が判断すると言うことでしたが、有料になれば嫌だなと不安な気持ちで待っていました。

 

で、約束通り30分ほどでレッカー車が到着しました。
現場に到着して車を確認するとタイヤの2本は道に残っていて、
反対側の2本が土手に落ちているという角度でした。

 

「業者にこれは無料で出来ますね?」と確認すると、
「私は分からない、引っ張り出して報告するだけです。」との返事でしたが、
保険会社の人では無いので当たり前だと思いました。
ただ、後でトラブルになっても嫌だと思って、
車の状態を何枚も写真に収めて証拠としておきました。

 

その業者の話では、
「自走出来ないで牽引するようなら、5万円まで保険会社が出すので、
その範囲で対処して欲しいと言われた。どこの保険会社ですか?」と尋ねられ、
「SBI損保です。」と答えると、
「あまり知らないな、他の大手の保険会社ではそのような制限の金額は言われたことが無い」
とつぶやいておられました。

 

他の保険会社よりも確かに格安であるため、仕方が無いのだろうというのが印象ですが、
この様な微妙なサービスの所に違いが出てくるのだろうと思いましたが、
保険料の安さの方を私は今も選んでいます。

 

無事、車を引きだしてもらい何事も無かったように日常生活に戻りましたが、
そう言えば、あのロードサービスの件はどうなったのだろう、
後で請求されたりして、大丈夫かなと不安になってきました。

 

それで、こちらから保険会社に電話で確認してみました。
オペレータに事情を伝えて少し待たされましたが、確認が取れました。
「今回のロードサービスは無料範囲の処理として扱われていいますので請求はございません。」
という返事でほっとして全てが終了したという出来事でした。

 

管理人追記
SBI証券は脱輪の引き上げ作業は基本的に無料なのですが、すべてのタイヤが落ちている場合は無料範囲には入らないようですね。それでそのあたりの説明をしたんでしょうけど、そんな状況は客に申告してもらえば分かることですから、それをはっきり聞いてもらったうえで、もっと上手に説明してほしかったですね。

 

あと、レッカー業者の人もどの保険会社からの依頼で来ているのかも把握していないのは良くないですね。きっとレッカー業者の受付担当と現場に向かう担当は別で、現場に来た隊員の人は受付担当からそこに出動しろとだけ言われて来たんでしょう。

他のロードサービス体験談も読む

 

トップページへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから