側溝にタイヤを落としてしまいロードサービス利用

側溝にタイヤを落としてしまいロードサービス利用

ハンドルネーム:かりんとうさん(50代 男性 茨城県)
ロードサービスを利用した時期:2009年9月
自動車保険会社:アメリカンホームダイレクト

 

側溝

細い道路を走っているときに、対向車が来たので端に寄ったところ、側溝にタイヤを落としてしまいました。

 

田舎道で、横の畑から伸びた雑草が側溝を覆っていて、側溝には蓋がないというのに気が付かなかったんです。

 

あわてて車から落ちて状況を確認。右前輪が側溝にはまっていました。対向車はすでに姿が見えなくなり、周りに民家もなくとても心細い状況でした。

 

とりあえず、ロードサービスセンターに電話することにしました。保険証に常に車に乗るときに携帯しておく、保険証書番号やロードサービスの電話番号がわかる紙を持っていてよかった!と思った瞬間でした。

 

コールセンターにはすぐに繋がりました。
コールセンターの女性に状況を説明すると、
まずはこちら側にけががないかどうかを聞かれました。
車の事しか考えていなかった私はその心遣いに思わずホッとしました。

 

幸い、私は怪我などはしていなかったので、状況を説明したところ、
すぐにレッカー車を手配してくれるとのこと。
レッカー車が何分後に到着するかは折り返し電話をくれるということでした。

 

いったん電話は切り、コールバックを待っていたところ、
5分後くらいに折り返し電話がかかってきて30分以内にレッカー車が到着するとのこと。
実際にレッカー車が到着したのは、20分を少し過ぎたくらいで本当に早かったです。
私が側溝に車を落としてから1時間もたたずに、脱出ができるなんて信じられませんでした。

 

全国にたくさんのロードサービスに対応した整備工場があるので、
いざという時には本当に助かるなぁと感動すら覚えた瞬間でした。

 

レッカーの方も親切で手際もよく
あっという間に車は側溝から脱出成功したので本当にほっとしました。

 

もちろん、ロードサービスなので料金も無料でした。
事故などは自分で気を付けていても、起こるときには起きるものなので
やはりサービスの手厚い車の保険に入っておいたほうが安心です。
しかも通販型ならお値段も安く抑えられるのがとてもうれしいなぁと思った出来事でした。

<管理人追記>
やはり、ロードサービスがついている自動車保険のほうが安心ですよね。

 

保険会社によっては、車両保険を付帯していないとロードサービスがつかなかったり、
ロードサービスを付帯するかしないかを選べるところもあります。
JAFに加入していれば別ですが、そうでなければロードサービス付の自動車保険を選びたいものですね。

他のロードサービス体験談も読む

 

トップページへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから