民家の前で側溝に脱輪しロードサービスを利用

民家の前で側溝に脱輪しロードサービスを利用

ハンドルネーム:プロボックス乗りさん(40代 男性 鳥取県)
ロードサービスを利用した時期:2010年10月
自動車保険会社:損保ジャパン

 

クレーン付き積載車

営業の仕事で、車で取引先に向かっていた時のことです。カーナビが付いていなかったので、地図を見ながら目的の老人福祉施設を探しながら運転していました。

 

山あいの町の幹線道路から一本入り、田んぼと農家の間の狭い道を進みました。結局、道は間違っており、山が迫っていたため行き止まりとなりました。

 

Uターンをしようと思いましたが、
それだけの広いスペースがなかったので、仕方なくバックしました。

 

ある家の進入路にバックで入れて車の向きを変えようと思い
左にハンドルを切った時、ドンと音がしました。
そして、車は前にも後ろにも動くことができなくなりました。

 

外に出てみると、左の後輪が幅50センチ深さ1メートルほどの溝に
すっぽりとはまっていました。車の中に戻ると溝は全く見えませんでした。

 

脱出しようと試みましたが、びくともしません。
私は動揺していたので、車に乗ったり降りたりを何度も繰り返しました。

 

しばらくすると少し落ち着いてきて周りを見る余裕が出てきました。
近くに農家が何件かあったので、何か道具を借りて道に戻そうかと思いましたが、
自分の車がある家の進入路を塞いでいることに気づきました。

 

その家の方にお詫びをしておこう思い、
もしかしたら手を貸してくれるかもしれないとも思い、
チャイムを押し引き戸を開けました。

 

すると奥から60歳くらいの男性が出てきて、
引き戸越しに脱輪している私の車を見て、
自分で何とかしろと怒鳴り、奥に戻っていかれました。

 

時間がかかって人に迷惑をかけてはいけないと思い、
自力での脱出は諦め、ロードサービスを利用することにしました。

 

電話をすると、女性が親切に対応してくれとても安心することができました。
住所を告げると近くの提携している業者を紹介してくれました。
直ぐに業者から電話があり、細かい場所を説明すると
JAFのペイントを施した作業車が10分ほどで駆けつけました。

 

これなら、すぐに戻せますよ。
そう言うと、作業員の方は車に傷がいかないように
保護シートのようなもので養生しながらジャッキアップしてくれました。

 

作業時間は10分ほどでした。
最初からロードサービスに頼めば良かったと思いました。

<管理人追記>
プロの手にかかれば、これくらいの脱輪であればすぐに引き上げできてしまいますね。
自力でなんとかしようとする人もいるようですが、ロードサービスを頼んでも無料ですし、
素早く安全に作業をしてくれますので、まかせてしまったほうがいいでしょうね。

 

あと、損保ジャパンはJAFと提携しています。
そのため、この件はJAFを手配したのかもしれませんね。

他のロードサービス体験談も読む

 

トップページへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから