ブレーキとアクセルの踏み間違えで他車と接触した事故。。

ブレーキではなくアクセルを誤って踏んでしまい他車と接触した事故。。

ハンドルネーム:かーりーなはなはさん(32歳女性 沖縄県)
事故の時期:平成14年12月頃
加入していた自動車保険会社:日本興亜損保

 

車の事故

事故当時私は山口県にある大学に通っていました。免許を取ったのは平成14年5月。その後すぐに軽自動車を購入し任意保険にも加入しました。

 

事故発生は平成14年12月頃、免許を取得してちょうど半年たった頃。朝9時過ぎ、自宅からアルバイト先まで車で向かう途中の事故でした。

 

事故発生場所は、住んでいたアパートの敷地から道路に出ようとした場所で、
道路にミラーは設置されておらず、アパートの敷地はコンクリートの外壁で覆われていたため、
道路に出る際は、必ず車を道路に少し出し左右を確認していました。
隣接している道路幅は4m以上はあり、車の離合(すれ違い)はなんとか可能でした。

 

その日もいつものようにアパートの敷地から車を少し出し、
左右を確認していた際に右方向から白のセダン車が来るのが見えたので、
ブレーキを踏んだと思っていたら、あわてていたため間違えて、
アクセルを踏んでしまい車が急発進してしまったのです。

 

白のセダン車の運転手も、私の車の発進に気づきよけてくれましたが、
お互いの運転席側のフロントバンパーを軽くこすってしまいました。

 

その後、車を降りて相手の運転手さんにけががないかを確認し警察に連絡しました。
幸いお互いけがもなく車も動いたので、車を沿道に移動させ警察が来るのを待ちました。

 

その際に相手の運転の男性に気を付けるように注意を受けましたが、
特に怒っておらず、はじめての事態に私は戸惑っていましたが、
保険会社に連絡するように言われ、当時加入していた日本興亜損保に連絡しました。

 

保険会社に警察への届け出状況、事故状況、相手の連絡先、
車の状況等を伝え、その日はそのままアルバイトに行き、
その後、相手の方とのやりとりはすべて保険会社が行ってくださいました。

 

私の乗っていた軽自動車も板金が必要だったので、
日本興亜損保が自動車修理工場も紹介してくださいました。

 

車を修理に入れている際に一度保険会社から相手の車の状況の連絡が入り、
料金がどれくらいかかるかは、修理がすべて終わってから、
また連絡があるとのことでしたのでそのまま連絡を待っていました。

 

事故発生から2週間たったころ、私の車の修理も終わり、
ちょうどその頃、保険会社から連絡があり相手の方の修理代金、
私の車の修理代金すべてを今回は保険で賄うとのことでした。

 

料金ははっきりとは覚えていませんが20万円前後だったと思います。
保険に入っていて本当に良かったと思いましたね。

 

<管理人追記>
事故対応はどうやらスムーズに終わったようですね。
物損だけだと、そんなに揉めることなくスムーズに行くケースが多いようですよ。
とはいえ、それを仮に自分でやるとしたら、かなり大変なことです。
やはり示談交渉サービスは任意保険に入る大きなメリットと言えますね。

他の自動車事故の体験談も読む

 

トップページへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから