バイクと接触事故。怪我は無かった相手が休業損害請求・・

バイクとの接触事故。大きな怪我は無かったはずの相手が・・・・

体験者:ゆうさん(三重県・30代・男性)
事故の時期:平成24年7月頃
加入していた自動車保険会社:三井住友海上

 

 

車とバイクの事故

それまで軽微な物損事故程度しか経験していなかった為、任意保険に加入はしていても、実際は保険料の値上がり額と比較して、自動車保険を使用することはありませんでした。

 

ところが昨年、私が車、相手がバイクの軽微な接触事故を起こしてしまいました。車、バイクともに大きく傷つきましたが、幸いにも、「その事故の場面では」相手方の方も大きなけがは無く、少し安心しておりました。

 

その後、こちらは保険会社が、相手方は任意保険に加入していなかった
ということで、本人が示談交渉へと入っていきました。

 

私は完全に保険会社に任せておりましたので、
当時途中経過が保険会社から定期的に連絡がくる形で進んでいきましたが、
それを見て驚きを隠せませんでした。

 

まず、初めに休業補償を相手が求めだしたという点。
当然事故直後何もなくても、その後、後遺症がでることがあることは理解しています。
それにしても、今回の事故はそのような衝撃も特段なかったようなものなのに、
休業せざるを得ないと主張しているわけです。

 

補償を払うかどうかは保険会社の判断ですし、払っても払わなくても
私の保険料には関係ないので、完全に任せていましたが、
それにしても…、と感じたのを覚えています。

 

事故同時、警察を呼んで来るまでの間に連絡先を交換したりしている時は、極めて普通の方に見えましたが、事故後にそういった知識を吹き込む人間もよくいるらしいです。

 

しかし話はそこで終わらず、結局、「今月までは払う」という保険会社の話が
ずるずる進み11月ぐらいまで払っていたと思います。

 

その上、今度は後遺障害認定を受けると言い出し、申請するもすぐに病院に却下され、
それを不服として再認定の申請をするというように、もうやりたい放題の相手方。

 

その頃にはもう事故から軽く1年経過していまいた。
月に1度くらいのペースで途中経過報告を頂いていましたが
「もし、この一連のやりとりを自分がやっていたら」と思うと…ぞっとします。
当然並行して通常の生活があるわけですから。

 

免許を取って、これまで任意保険を意識することも少なかったですが
今回の件を踏まえて、やはりプロが間に入ってもらえる安心感は絶大だと思える出来事でした。

 

<管理人追記>
たしかに事故の相手は周りの誰かに入れ知恵されたのかもしれません。
通院程度であれば、あり得るかもしれませんが、休業損害は酷いですね。
そういうことを恥ずかしくもなく、平気でやる人がいるんですよね。

他の自動車事故の体験談も読む

 

トップページへ戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから