自動車保険を解約する際に注意すべき点は

自動車保険を解約する時の注意点

車を手放したり、もう乗らなくなったりということで、
自動車保険を解約する際には、いくつかの注意点がありますので説明します。

解約返戻金について

解約した場合、保険の残り期間に応じて解約返戻金があります。

 

ただ、年払いで保険料を支払い済みだとして、
半年残っていると半分戻ってくるわけではありません。

 

一括払いの場合解約返戻金については「短期率」という係数を使って、
返戻金の額が決められますので、日割や月割計算と比較すると、
かなり少ない金額になりますので注意しましょう。

 

また、月払いの場合でも、日割り計算で戻ってくることはありません。
例えば、1ヶ月半で解約しても、2ヶ月目の保険料の一部が戻ってくることはありません。

 

よって、解約返戻金についてはあまり期待しないほうがいいでしょうね。

 

特約もなくなってしまう

自動車保険を解約すると、当然契約していた補償はすべてなくなります。もう車を運転しないのだから問題ないと考える人が多いと思いますが、必ずしもそうとは限らないのです。

 

例えば、これらの特約は自動車事故に関係ないものです。
個人賠償責任特約」「ファミリーバイク特約」「自転車傷害特約」「犯罪被害事故傷害特約

 

でも、自動車保険を解約してしまうと、
これらの特約だけを継続するということはできないので、
必要であれば他に契約できるところを探して、改めて契約しておかないといけないのです。

 

特に「ファミリーバイク特約」は注意が必要です。
自動車と同じく、バイクを無保険で運転するのもかなり危険ですからね。

 

中断証明書を発行できるかもしれない

中断証明書発行を説明

次回7等級以上の予定であった契約の解約であれば、中断証明書を発行でき、10年以内であれば、次の車の保険にこれまでの等級を使うことができます。

 

基本的には代理店や保険会社の人が、解約の際には中断証明書の発行手続について説明してくれるはずです。もし、説明がなかった場合は、必ずこちらからこの件について聞いてみるようにしましょう。

 

ただ、車を手放したり、海外渡航する等の場合だけで、
車は所有し続けるけど運転しないので解約するという場合は発行できません。
(車検切れや16条抹消する場合は除く)

 

よくあるのが父親の車を、今後は別居している子供に使わせるというケース。

 

子供に譲渡してしまえば、中断証明書の発行は可能なのですが、
所有者の変更はなく、子供が今後は使うという場合は発行不可となります。

 

もし、車を子供に使わせるだけではなく、譲ってしまうのであれば、
面倒くさがらずに車検証の名義を子供に変更したほうがいいでしょうね。
そうすれば、中断証明書の発行をしてもらうことができますので。

 

関連記事:中断証明書の発行・適用について

 

「自動車任意保険の基礎知識」の目次に戻る

あなたは余計な保険料を払っていませんか!?

 

インズウェブのアンケートインズウェブのおすすめ
⇒インズウェブでの見積もりはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加  

最終更新日:2017年10月19日